SuperGT公式タイヤテスト1日目、お疲れさまでした。

SuperGTは公式テストの回数が多いので、チケットが割安です。先日購入した一眼レフカメラ「Nikon D4」と減光フィルター「Kenko PRO1 ND8」の試し撮りも兼ねて行ってきました。特に、D4は憧れのカメラでもありましたし動体を撮るために生まれたカメラということもあるので非常に楽しみでした。
※NDフィルター:透過する光量を落とすフィルター。数字が大きいほど光量が少なくなる。ND8の場合は通常時の1/8の光量になり、3段分露出が低くなる。流し撮りをする際や大口径レンズで絞り開放だとシャッタースピードが上限を超えてしまう場合に有効。

DSC_2818.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,1/125sec,ISO200,500mm,※ND8)
ゲートオープンは0845。でも、バスの始発は0930なので10時ごろサーキット入り。仕方ないね。午前中は逆バンク方面は逆光で撮りにくいのでいつも通り最終コーナーRスタンド端から。

さっそくD4とND8を投入して。D4の安定感もさることながら、この明るさで絞りをあけて低速を切れることに感動しました。ただ、NDフィルターを噛ませるとフェンスによる色被りの影響が出やすくなるのか、現像はちょっとクセがありました。周辺減光が見られたので、写真はLrのプロファイル補正を当てています。

DSC_2989.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/60,ISO160,500mm,※ND8)
Rスタンドでの撮影もほどほどに、珍しくQ2スタンドの下側へ。俯瞰気味になるので敬遠していたんですが、シケインを内側から抜けるので案外悪くなさそうです。
Q2下側からの撮影であればフェンスに邪魔をされないので本来の色を楽しむことができるのもまた魅力といえます。D4+Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR+ND8の組み合わせではフェンス越しでなければちゃんとした色が出ることがわかりました。(むしろちょっと濃いめに出るくらいです)

Q2スタンドの下側にもスタンド席があることに今回初めて気づいたのでそちらにも行ってみました。
DSC_3309_2017060700424975e.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/200,ISO100,500mm)
いわゆるQ1スタンドと言われる席です。Q1スタンドの一番端っこ(シケイン側)で張り付くとシケイン1個目を撮影することができます。ただ、フェンスの色被りの影響を受けやすいので現像には根性がいります。(Lrの霞除去が便利です)QエリアなのでGTの決勝日はエリア指定席になっちゃうのも難点ですかね。

これからのメイン機はD4になると思うのですが、望遠がほしいときはD7200の出番となります。画質の落ちないテレコンって感じですね。
DSC_3086.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
こんな感じのところです。見てわかる通り2枚のフェンスを相手にしなくてはいけないのでなかなかにめんどくさいです。まぁ。高めの踏み台があれば1枚目のフェンスの有刺鉄線の間からレンズを出して撮影ができるので、難易度はそれなりに下がりますけどね。(私の踏み台だと足りませんでしたが)

この辺りで午前の練習走行が終了。グラスタで休憩したあとにパドックへ向かいます。今回のお目当ては…

DSC_3112.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
鈴鹿1000kmにスポット参戦が発表された、ジェンソン・バトン選手です。09年はF1ワールドチャンピオンになるなど世界一速い男の一人です。平日にも関わらず、多くのファンがパドックに詰めかけており登場したときには女性ファンの黄色い声援も聞こえました。いやー、イケメンです。ほんと。

その後は昼食を取ったあとに西コースへ向かいました。

DSC_3226.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
西コースといってもヘアピンですけど。スプーンまで行くにはちょっと辛いし、2&4レースのときはヘアピンでちょろっと撮ってるうちにレースが終わってしまって満足に撮れなかったということもあってヘアピンにしました。まずはCPよりやや出口側の上側から。立って撮影できるので腰と首が楽なのがいいです。

10コマ/秒の高速連写とそれを支える強力なAFシステムのおかげもあって撮影は快適そのもの。自分がうまくなったのではないかと錯覚してしまいます(笑)

DSC_3264.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/60sec,ISO100,500mm,※ND8)
NDフィルターを取り付けて。現像時の味付けはほとんど同じなんですけど、なんだかくすんだ色でした。とはいえ、Q2スタンドで使ったときはいい色が出ていたことを考えると、単に光量の問題なのかも…ちょっと原因がわかりません。

DSC_3273.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/30se,ISO64相当,500mm,※ND8)
D4にはISO50相当まで減感する機能があるため、流し撮りであと少し感度を落としたい!というときとかは便利です。1/30secまで落とすと打率はかなーり落ちますけど、決まったときは気持ちいですね。

この後裏ストレート方面に行きましたが、草がボーボーでダメそうということを途中でお会いしたNさんに教えていただきました。なので、裏素トレートはもっと整備されてから行くことにしました。(いつ整備されるかは知りませんけど)Nさんとお会いした時点で3時前ということで色々とお話しながらRスタンドへ戻りました。

DSC_3717-2.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/80sec,ISO125,500mm,※ND8)
午後3時くらいになると雲が出てきたので流しやすくもなりましたが、やっぱりNDフィルターは必須。絞りとシャッタースピードを決めたらISO感度で調整です。これはいい感じに決まりました。

DSC_3705.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/100sec,ISO125,500mm,※ND8)
フルサイズでもRスタンドからの撮影は捗りますが、ワイヤーの回避を考えるとやっぱりAPS-Cのほうが楽といえば楽ですかね。

午前の段階からうすうす気づいてはいたんですが、D7200+200-500VR+ND8の組み合わせだとAFが迷います。クロスセンサーを採用している中央部15点はまだまともなんですが、ラインセンサーの周辺部では迷うもしくは追従しても精度がダメダメという感じになります。D4よりも新しい処理エンジン・AFモジュールなのにこっちのほうが厳しいのは少々意外でした。AFセンサが相対的に大きくなるから条件が厳しいとかそういう話らしいですけど、よく分かりません。

DSC_3918.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,1/320sec,ISO125,500mm)
単に撮影場所の問題かなとNDフィルターをつけたり外したりしながら検証しましたが、NDフィルターなしの場合はいつも通りの打率。やはり、NDフィルターとの相性が悪いようです。あと、色の出方も全然違うのでそこもかなり苦労しました。D4はともかくD7200で使う場合はプリセットのWBを取得したほうがいいかもしれません。(上の写真とだいぶ違うのがわかるかなと思います。)

DSC_4005.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,1/80sec,ISO100,500mm,※ND8)
当初発表されていたスケジュールでは午後4時に終了ということだったのですが、結局1時間ほど延長して17時ごろまで公式テストが行われました。
今回のテストでは午前、午後ともに#23 MOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマークしました。昨年の1000kmレースでも終盤ガス欠を起こすまで100kgのウエイトを積んだ状態で上位を走行するなどの強さを見せていたNISMOだけに今年の気合の入れ方は相当だと思います。今年はレクサスにホンダ/ニッサン陣営がかなり押されているので今後の巻き返しに期待ですね。


公式テスト終了後はNさんのご厚意で白子駅まで送っていただきました。本当にありがとうございました&お疲れさまでした。

~D4とND8の雑感~
・動体を撮るために生まれたカメラということだけあってD4は文句なしの性能。燃費が思ったより悪いなーというのが玉に瑕ですかね。(バッテリーの劣化度を考えたら仕方がないけど)
・ND8は色被りが思ったより出る。D7200との相性の悪さも少々気になるところ。とはいえ、深絞りせずに流し撮りができるorこれまで以上のスローが切れるというのは非常に魅力的。目的に合わせてマニュアルでWBを取得したりするなどの工夫が必要そうです。
・D4のファインダーに慣れるとD7200のファインダーの情報量の少なさと狭さがつらい…まぁ、すぐ慣れますけど。

では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント