ヘアピンで撮るタイヤテスト。(GTタイヤテスト

今週末はドクターイエロー撮りに行くかも。まぁ、あくまで行けたらだけど。

2&4では不完全燃焼となったヘアピンでの撮影です。

DSC_3210.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/160sec,ISO100,350mm)
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG
昔の4号車はよくラッピングが変わっていたような気がするんですが、いつの間にかシーズンを通して固定になってしまいました。ま、これはこれで。そのおかげでより複雑なデザインを採用できるようになりましたからね。

ヘアピンの入り口側の土手から。あまり長焦点がいらないのはいいですね。(使ってるレンズ的にどうでもいいといえばどうでもいいけど)

DSC_3230.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG
ヘアピン中腹の上側の通路へ移動です。ヘアピンのスタンド席の下側も定番なんですが、平日にも関わらず満席に近かったので通路で。通路とはいうものの、幅も十分にありますし立って撮影できます。低いアングルで腰や首を痛めずに撮影できるのがどんなに快適なことか…でも、立ちっぱなしは立ちっぱなしで足が疲れるんですよね。

DSC_3246-2.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/60sec,ISO100,500mm,※ND8,16:9にトリミング)
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG.
三度4号車。タイヤテストなのでどうしても参加できるチーム数に限りがあります。なのでシカタナイ()フェンスの上側から撮影をしているのでフェンスの色被りの影響もありません。

16:9にトリミングしているのはバランスの関係で。下側に余計な空間が多かったので切ってます。

DSC_3373-2.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
#52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
埼玉トヨペット、S耐に続きGT300にも参戦です。S耐と同じくマークXでの参戦ですが、ボディラインがえげつない。プリウスもそうですが、トヨタの乗用車からGT300車へのモディファイのえげつなさがすごいですね。

上側もちょっと飽きたので土手を降りてフェンスにかじりつくことにしました。当然、下は土なので踏み台が椅子として大活躍でした。(まともに踏み台として使ってねーなこいつ

DSC_3463.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/125sec,ISO100,500mm)
#52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
まぁ、フルサイズでも狙えるけどAPS-C機につけて狙うとよりデカいのでいい感じ。問題はブレーキング中で速度の変化が大きいので流しの同期が難しいのです。

DSC_3481.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/100sec,ISO100,500mm)
#12 カルソニック IMPUL GT-R
換算750mmでヘアピンの出口を撃つとあまりにも近すぎる。これがシグマの150-600Sみたいに一気に画角を変えれたらまた違う風に撮れるのかもしれませんけど、超ドアップも面白いのでいいと思います。

現像時に彩度を落として青だけ上げてセレクトカラー風に。でも、赤とか残ってるので真の意味でのセレクトカラーではありません(汗

DSC_3416.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
#12 カルソニック IMPUL GT-R
なんか12号車だけバックファイヤ吹いてるなーってことでちょっと狙ってみました。ただ、狙うなら流し撮りセットじゃなくて高速シャッターにすればよかったなーと少しだけ後悔。顔がぶれちゃった。

GT500の車両はエキゾーストが右にある関係で、バックファイヤなどを撮れる場所って意外と限られてるんですよね。特に、定番の逆バンクとかでは絶対に狙えません。それだけでも西コースにくる意味は十二分にあります。

DSC_3482.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/125sec,ISO100,440mm)
#16 MOTUL MUGEN NSX-GT
ホンダ系のマシンはスポンサーが変わりすぎてよくわからないんですけど、どういうことなんですかね。まぁ、スポンサーありきのレースですし仕方ないんでしょうけども。ドラゴ Moduloからずいぶんと変わりました。

DSC_3507.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/125sec,ISO100,440mm)
#19 WedsSport ADVAN LC500
レクサス勢唯一のアドバンタイヤをはくのは19号車。どこぞのホンダみたいにほいほいとタイヤサプライヤーを変えることなく、GT300からのながーいお付き合いがあるのがチーム坂東です。長い間レクサス×BSの後塵を喫していましたが、それでもずっとパートナーを変えることなく続けてきた結果、今では強豪チームの仲間入り。ミシュランもそうですが、ブリヂストンの独壇場を崩せるタイヤメーカーが増えてきたというのは面白いです。
ダンロップはもっと頑張って…(中嶋レーシングのせいかもしれないけど…)

DSC_3588.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/80sec,ISO160,400mm,※ND8)
#12 カルソニック IMPUL GT-R
再びNDフィルターを取り付けて。F値とシャッタースピードを決めたらISO感度で調整です。これがデジタルのいいとろですね。


12号車は右側のホイールに赤いライン、左側のホイールに青いラインが入っています。以前はロックナットがそうだったかな。全日本選手権時代から右と左でそれぞれ違う色の部品を使うカルソニックのこだわり。大好きです。

こんな感じで土手で撮ってきます。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント