対岸を撃てばそこに見えるのはカーボンローター。(GTタイヤテスト

ルマンを見ながらブログ更新。でも、日曜日も午前中にバイトがあるのでほどほどに。

引き続きヘアピン編。

DSC_3591-2.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/80sec,ISO160,500mm,※ND8)
#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
前回は若干引き気味で撮ることで車両全体を入れていましたが、より伸ばしてCP付近で撮ってみます。こうやって撮ると、オフィシャルの写真みたいになったんで500mmは標準レンズです。

近い分だけフレーミングは難しいですが、決まると気持ちいです。

DSC_3536.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/125sec,ISO100,500mm)
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG
さて、ボディを付け替えて入り口側へ目を向けます。直前までじっくりと横に振ってAF追従させているのでD7200のAFでも十分食いついてくれます。こんなにAF精度いいのか…って思いますね…瞬間的な食いつきの悪さはどうしようもないんですけど。

前から気になってたんですけど、AMGのエキゾースト周りのエアロってなんか独特ですよね。大体出口の部分だけ穴開けといてそれ以外はエクステリアのエアロパーツで隠すことが多いんですが。こっちのほうが都合がいいのかな。

DSC_3558.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/160sec,ISO100,500mm)
#19 WedsSport ADVAN LC500
真正面からドンと。そういえば、真正面から至近距離で抜ける場所って意外と少ないんですよね。ルーフが切れてる?こまけーこたぁいいんだよ。

キャプチャ
AF精度の話はしましたが、ここまでいいとは…23号車のブレーキローターです。等倍まで拡大したのをキャプチャしてます。ブレーキローターというかそのカバーかもしれませんが…カーボンの目が見えます。これは驚いた。

キャプチャ2
同じく24号車。23号車とは異なり、何かついてます。バラストという線はないでしょうから、おそらく計測機器か何かかと思いますが、なんでしょうね。これ。

わかる方がいたら教えてください(笑)

200-500だけで撮っててもよかったんですが、もってった70-200が文鎮なのも面白くないので、ちょっと付け替えて手持ちで撮ってみることにしました。

DSC_3572_20170618020923368.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F8,1/250sec,ISO100,200mm)
#18 UPGARAGE BANDOH 86
これぞテストの車両という感じで参加したのは18号車。カーボンむき出しのフロントバンパーがスパルタンです。

手持ちでの撮影ですが、いい感じ。200-500と違って軽量なのでハンドリングもいいですね。こういう短いレンズでも満足に撮影ができるのがヘアピンのいいところです。

DSC_3598.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F8,1/250sec,ISO100,200mm)
#65 LEON CVSTOS AMG
4号車と同じくAMGを採用するのが65号車。こちらはブリヂストンタイヤを履いています。数年前までのGT300はヨコハマアドバンの一強という感じでしたが、最近はブリヂストンやミシュランなども増えてきて面白いですよね。ダンロップはもっとがんばろう。

手持ちの手振れ限界は1/300なのでたぶん1/250でも大丈夫かなとは思いますが、一応手振れ補正は入れています。でも、NikonのVRって露光前センタリングで扱いにくいんだよねぇ…効きは素晴らしいんだけども。

DSC_3626.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/500sec,ISO160,500mm,※16:9にトリミング)
#12 カルソニック IMPUL GT-R
ヘアピン編の最後はケツ撃ちで。狙えるといえば狙えるけども、相当難しいよね…もう少し現像がうまければいい感じになるのかもしれない。

この後は裏ストレート方面へ散策しに行きました。しかし、草がボーボーで何も狙えそうにはなく。そこでたまたまお会いしたNさんといろいろとお話しながら最終コーナーへ向かい、一服したあとに最終コーナーで撮影開始です。それは次回。

27時現在、9号車の国本選手のドアが半開きになり、ピット作業で復帰。国本選手にとってはいきなりの洗礼となりました。ちなみに、今回の記事で出ている19号車は第1ドライバーの関口選手なので国本選手ではありません(苦笑

まだまだタイヤテストの記事もルマンも続きます。でも、私は寝ます(笑)では~


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント