AudiR8ワンメイクレースとサンニッパズーム(鈴鹿S耐2017

いなべ福王ラリーは楽しかった。忘れかけてたS耐編です。7月1日はGT公式テスト(朔日餅のあとだけど行きたい)、7月11日は8耐公式テスト(ナイトランがあるのでできれば行きたい)、そして7月の最終の土日は8耐と鈴鹿サーキットに行く機会が多すぎるので現像が間に合いませんし、現像したくないのが本音。でも、してきます。

午前の練習走行のあとはピットウォークをはさんでワンメイクレースが行われました。チーム名は省略です。
DSC_4492.jpg
(D7200,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401,F16,1/30sec,ISO100,420mm,※16:9になるようにトリミング)
このレンズに合うNDフィルターは持ってないので絞ってシャッタースピードを落とすしかないです。F16くらいなら回折による画質低下は少なそうです。

DSC_4345.jpg
(D4,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401)
D4にサンニッパズームと1.4倍テレコンつけて撮影したところ、カメラマンホールの枠が写ることがわかりました。こりゃあかん。ということで、このあとはD7200+SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401とD4+Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRのコンビでの撮影になりました。
やっぱ、逆バンクは要求焦点距離が長い…

この確認作業をしていたのはピットウォークのとき。とにかく暇でした。

DSC_4553.jpg
(D7200,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401,F8,1/100sec,ISO100,420mm)
18号車、フロントダクトになんかビニールテープみたいなの張り付いてますけど、大丈夫なんすかね。飛んでいきそうだけど。

S耐に併設されて行われたこのレースは土曜日と日曜日でそれぞれ決勝レースが行われましたが、土曜日はローリングスタートに対して日曜日はスタンディングスタート。そのため、ウォームアップラップは2周と多めにとってありました。4輪のレースだとローリングスタートが多いだけに、ちょっとスタンドから見たかったかも。

DSC_4381.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/100sec,ISO100,500mm,※トリミング)
レース開始直後の一コマ。右リアをスロパンしてしまったのか、右リアが下がって左フロントが上がってます。12周or30分のスプリントレースでこのようなトラブルは取返しのつかないトラブルなだけに、残念だったでしょうね…

DSC_4456-2.jpg
(D4,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM Sports,F4,1/160sec,ISO64,300mm)
せっかくのサンニッパ、テレコンなしでフルサイズで使える欲張りポイントはどこだーーーーーと思ったら、逆バンクの1個前のS字がその欲張りポイントでした。まぁ、フルサイズ300mmで撮影しようと思うと結構下側に行かないといけないのでタイミングがシビアなんですけどね…慣れればなんとかなります。

DSC_4488.jpg
(D4,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM Sports,F6.3,1/125sec,ISO100,300mm)
うーん…でも、やっぱり300mmだと短いや。

DSC_4513.jpg
(D4,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401,F4.5,1/320sec,ISO100.420mm)
最後は逆バンク入り口にて。さすがにこのシチュエーションだと被写界深度の浅いこの組み合わせは役立ちます。(フェンスが写りにくい)ただ、曇りでフェンス越しで色味という概念がなくなってるのでこういう方向で現像しました。

いいか悪いかはよくわかんないですけど、なんとなく映画とかのワンシーンみたい。でも、欲を言えばゴーヨンとかのほうが…奥に見えるガードレールがちょっと邪魔かも。

DSC_4537_201706300145366d1.jpg
(D4,SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM+SIGMA TELE CONVERTER TC-1401,F4.5,1/100sec,ISO50相当,420mm)
NDフィルターがない、でも絞れない。そういうときはISO感度を減感できる便利なカメラが助けてくれます。でも、もっとシャッタースピード落としたいよねぇ。


そういえば、ここまで書いてきてすっかり触れるのを忘れていましたが、Cピラー付近のデジタル数字には気づかれましたでしょうか?オーバーテイクボタンの残使用回数なんだとか。原理はよくわかりませんが、たぶんパワーリミッターがオフになるとかそういう感じなんだと思います。本レースにはプロドライバーとアマドライバーの両方がエントリーしているのでプロとアマで使用できる回数に差をつけているそうです。

逆バンクはつまらないんですよ。ほんと。失敗しにくいから利用率は高いけど。

簡易レポートの記事でも触れましたが、このサンニッパズーム自体はすごく良いレンズだと思います。でも、サーキットで使うにはちょっと短いかな。テレコン+APS-C機が前提になりそうです。撮影距離が近い岡山国際サーキットなどでは非常に扱いやすいかなと思いました。鈴鹿サーキットでもヘアピンなどでは扱いやすいと思います。


では。次からはゴーヨンと行くS耐本戦です。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント