新商品と期間限定。

日本人はこの言葉に弱い。
よく言われますね。
私も割と弱いほうな気がしないでもない。
とくにバイトを始めて最近はちょっとだけ財布が潤ったのでちょっとだけヒモが緩いです。

まずは新商品から。(7月から出回り始めたようです。)


飲み終わったあとで申し訳ないです。
あと、向きが補正されてねぇ^^;

まずはスコールの和梨味。
ちなみにスコールという名前をちゃんと認識したのはロボティクスノーツのアニメ版のあたりだった気がします。
果汁1%だし大したことないだろうと思っていたのですが、思ったよりは一口目から梨のさっぱりとした甘みが口に広がってとてもおいしかったです。
このあたりの感じはガリガリ君の梨味を初めて食べたときの感じに近いです。
ガリガリ君の梨味は本当にキンキンに冷えた梨でしたからねぇ…
また食べたくなってきた。

炭酸もあまり強めではないのでごくごく飲めてあっという間に飲みきってしまう危ないやつです(笑



続いて期間限定品。


亀田製菓の揚一番のうま辛とうがらし味。
亀田製菓の揚一番といえばあのサクサクした感触でついつい食べてしまう揚せんべい。
亀田製菓を代表する一品と言えます。


比較用の普通の揚一番がないのはちょっと失敗か。
(だって買ったときはこうやってレビュー書くつもりなかったもん)
大きさは、まぁ、普通の揚一番と同じくらいですか。
色がちょっと赤いくらいです。
うま辛と言うくらいですからピリッと辛いのを期待していたのですが、思った以上に辛くなかったです…
大きさのせいなのかもともと醤油ベースで甘めの製品だからなのか、はたまた辛い物が好きな私の味覚のせいなのか…
後味は少し辛いのですが、そこでしか辛味を感じないので
揚一番が好きでちょっと期待していただけに残念です。


以上2品のレポートでした。



あっ、あと今日のC級2組3回戦の星野-阿部光戦、星野四段に恨みでもあるのでは?と思うくらい激辛の指しまわしでした。
あと△5三銀は自分が星野さんだったら早く決めてくれよ…って泣きが入りそうな一手でした。
揚一番もこのくらい辛くてもよかったんだけどなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント