接触発生!レースが徐々に動き出す。(S耐鈴鹿

レースの面白みとはなんでしょう?手に汗握るドッグファイトもそうですが、人と人とがレースをするだけに必ずトラブルや接触などの予期せぬ出来事が発生します。レース開始から約1時間。流れが変わり始めてもおかしくない時間帯に突入です。

DSC_4915.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/100sec,ISO80相当,500mm)
#7 サーキットWOLF新菱オートEVOⅩ
S字1個目の内側から。6月の上旬で芝がだいぶ青々としているので、さわやかに現像してみました。2コーナー~S字入り口の立ち位置次第でマシンの大きさは調整できるので、単焦点であってもいろんな構図が試せるのがCスタンドの魅力ですね。

DSC_4991_2017070603373808e.jpg
冒頭でも触れましたが、接触が発生していました。50号車が何号車に突っ込んだかは不明ですが、フロントバンパーを大きく損傷していました。コース上に落下物があったため、SC導入かな?と思っていたんですが、イエローなどが出ることなくそのままレースは続行されました。

DSC_5012-2.jpg
イン側にあって結構危ないと思うんだけどねぇ…

なぜかは知らないんですけど、自分が移動しようと思ったときに限ってこういうトラブルが起きるんですよねぇ。(昨年のGT鈴鹿1000kmの2号車とかS耐岡山のエンジンブローとか…)あともう5分同じ場所でカメラを構えていれば決定的瞬間が…?と思ってしまいますね。

DSC_5026-2.jpg
最上位クラスと再下位クラスのランデブー。大きさが全然違いますね。ほんと。このまま並走すると99号車が落下物を踏んでしまいますが、さすがにここまで速度差のある組み合わせなのでそのままオーバーテイク。落下物を踏むことなく2コーナーを通過していきました。

DSC_5033.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/125sec,ISO80相当,500mm)
#77 CUSCO RACING 86
ラーマン山田こと山田英二選手が率いるCUSCO RACING.昨年は岡山Rdの際にサインをいただきました。巫女さん風のRQさんがよかったです。向こう側にST-Xクラスのマシンがいるのですが、その位置を確認する様子がヘルメットの向きからわかります。(さっき気づいた)スピードがかなり違うのでお互いの位置をしっかりと把握しないと非常に危ないんですよね。前だけを見ていれば良いというわけではないのです。

DSC_5045-2.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F13,1/125sec,ISO80相当,500mm)
#8 ARN Ferrari 488 GT3
#66 odula MAZDA DEMIO 15MB
こちらはさらに排気量の差が大きい組み合わせ。駆動方式の違いもあるので、立ち上がりでオーバーテイクが無難です。

2コーナーの内側には激感エリアと呼ばれるマシンがかなーり近い観戦ポイントがあります。ここはいつも超満員なんですが、この日は気持ち少な目かなぁ。激感エリアを入れて撮ると鈴鹿サーキットらしさを出せます。白い大砲がいっぱいあると見栄えもいいんですが、少ないと黒い髪の毛ばっかりなので色味は微妙?
激感エリアはパドックパスが必須になるので行くことはあまりないんですが、魚眼を使って撮ってみたい写真があるので、魚眼レンズを購入したら行きたいなって思います。

DSC_5050.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F13,1/125sec,ISO80相当,500mm)
#97 Modulo CIVIC TCR
激感を流して~S字でケツを撃つ。そんな流れで撮影できるのがCスタンド中腹の魅力です。シビックはリアウイングがこうやって生えてるんだ~っていう発見があって面白いですね。多分、リアハッチを貫通してフレームに直接ウイングの足が伸びているんだろうなーという感じです。(むかーしそういう改造見かけたからそういう想像してますが、本当にそうかは不明です)

DSC_5052.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F4,1/800sec,ISO100,500mm)
S字の草ボーボーのところから1個目と2個目の間を抜けるマシンを狙います。ホントはテールランプとか点灯してくれたほうが雰囲気出ていいんですけどね…ここまで200-500でもよくね?という写真を量産してきましたが、こればっかりはゴーヨンじゃないとできない撮り方。500mmF4は伊達じゃないです。ピントが合っているマシン以外はなだらかにぼけています。
シグマのゴーヨンは周辺減光がかなーり少ないので、現像時にちょっとだけ周辺減光を追加してます。

DSC_5083.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/160sec,ISO80相当,500mm)
#700 J'S RACINGホンダカーズ浜松北ダークみきゃんFIT
昨年は普通のみきゃんでしたが、今年はちょい悪風?ダークみきゃんと名前を変えて参戦です。昨年とほとんどカラーリングに変更はありませんが、パッと見た感じではフロントグリルにオレンジのアクセントが増えました。

さて、撮影情報からもわかる通り、だんだんと光量が増えてきています。車両写真を撮る分にはコントラストが上がってパキっとした写真が撮れていいんですが、流し撮りをするには厳しい条件となっていきます…

次回からはDスタンドです。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント