千里側土手にて夜活。

そういえば、この撮影の次の日はいなべ福王ラリーでした。なんだかんだで津に戻ったのって深夜2時とかだったので、元気だったなぁと今更ながら思います。
ND4_6359.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED,F8,1/640sec,ISO200,18mm)
伊丹空港南側の千里側土手といえば、尋常じゃなく飛行機が近いことで飛行機ファンの間では有名です。なかなか飛んでる飛行機を18mmで収めれる場所もないでしょう。撮り方は工夫次第でどこまでも広がります。中には全周魚眼レンズを空に向けて設置して動画を撮っている人もいましたからね。
(魚眼レンズで思い出しましたが、先日発売されたニコンのフィッシュアイズームの作例(デジタルカメラマガジンだったかな?)でも千里側土手が登場していました。あーゆうのを見るとほしくなりますね。あのレンズ。)

ND4_6414.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,1/800sec,ISO1250,500mm)
この撮影地の近くにはコインパーキングがあるのですが、案の定満車だったので少し離れたところにある名鉄協商パーキングを利用しました。(ドン・キホーテのやや南側にあります)名鉄協商パーキングからは徒歩7分ほど。機材量にもよりますが、非常に近いのでお勧めです。

フルサイズ×500mmはちょっと遠いかも?ただ、収まり自体は悪くなさそうです。

ND4_6465.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,1/50sec,ISO100,500mm)
ボンバルディアはプロペラ機なのでシャッタースピードを落として撮影です。ただ、ここまで落とすと相当打率が落ちるのが悩みどころ。まぁ、決まったのでよしとします。

ND4_6509.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/640sec,ISO3200,500mm)
ローキーにしてノイズ低減もかけずに現像してみました。

撮影情報を見てわかるとおり、すでにだいぶ暗くなっています。(撮影は18時53分)このあたりでぼちぼち夜の撮影に向けた準備を始めていきます。
ND4_6520.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G,F2.5,1/640sec,ISO1600,50mm)
ここ、千里側土手は川をはさんで滑走路側とその後ろという感じで撮影可能な場所が2か所に分かれています。当初は近いから滑走路側がいいだろうということで、そちらから撮影していたのですが、三脚を構えた人が多いのは後ろ側ということに気づきました。もしや?と思い後ろ側に移動しましたが、そのもしやの通りでした。滑走路側で撮影すると空港の敷地を示すフェンスが邪魔になりやすいのですが、後ろ側はそれなりに高さがあるので自然とフェンスを回避することができます。
というわけで、後ろ側から撮影です。これは夜の予習。こういう風におさまってくれれば悪くないでしょう。

D72_5577.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F6.3,1/100sec,ISO640,70mm)
この日はよくかめさんにD7200を貸してました。そういう関係もあって割と撮った覚えのない写真がD7200には入ってます(笑)微ブレなんですが、アンコリが点灯してたり翼灯から光芒が生えていたりとなんか悔しいので紹介です。

D72_5597.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F2.8,1/320sec,ISO3200,110mm)
夏至の直前ということで、19時12分でもそれなりに明るかったです。といっても、人間の目からすればという話であってカメラにとってはすでに相当厳しい状態。それにしても滑走路の写り込みがきれいですねぇ。

ND4_6540.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,1/2sec,ISO400,500mm)
1914ころ、ついに滑走路に光が入ります。この光を待っていたといっても過言ではありません。

D4と200-500くんは三脚に据えてスローシャッター要員となります。プロペラ機の場合、こうやって滑走路の灯火が反射してきれいな円盤を描くことがあります。これを撮りたかったんですよね。ただ、この日はこの1枚しか撮れませんでした…(滑走路とか機材の都合で仕方ないんですが)

ND4_6561.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F2.8,1/200sec,ISO3200,200mm,※トリミング)
いい感じ。ただ、F2.8のレンズだとほぼ限界の暗さという状態です。

D72_5640.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G,F2,1/100sec,ISO3200,50mm)
D7200のガバAFくんだとすでに追従が困難な状態。なんとかピントが合ってくれた1枚ですが…明るさ的にももう限界ですね。この辺りから飛行写真は諦め始めます。(着陸機を遊びで狙ったりとかしてましたが)

ND4_6602.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/125sec,ISO25600相当,500mm)
D4はISO12800が常用の最高感度。そこから最大4段増感が可能です。1段増感で撮ったのがこれになります。さすがにノイジーかな…ただ、それでもジェットエンジンのブラストによる大気の揺らぎとかもしっかりわかりますし、やっぱフルサイズは違うなぁ…とは思います。これがD5とヨンニッパだったらどんなことが起きるんだろう…ってちょっと気になります。(ほしい

D72_5654.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G,F2,1/100sec,ISO3200,50mm)
流し撮りに逃げれば飛行写真はなんとかまだ撮れます。ただ、流し撮りにすると地上景が流れてしまうのが…もっと流れたらきれいなんですが、これはちょっと中途半端。リベンジしたいですね。

ND4_6672.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,0.6sec,ISO6400,500mm)
一方で、バルブのほうは非常に楽しいです。飛行機が地上に静止している時間は非常に短いので短時間で勝負が求められます。本当はもっと開けたいんですが、耐荷重を超えて使っている三脚くんにとってはこれが限界。三脚も更新しなきゃなぁ…

ND4_6621.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,1/2sec,ISO6400,500mm)
離陸直前にエンジンパワーを上げ、エンジンが赤色に光る瞬間を捉えることができました。撮れたときは普通に感動しましたね。

D72_5697.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G,F2,1/100sec,ISO3200,50mm,※トリミング)
基本的にはANAとJ-AIRとANAとIBEXくらいしかこない伊丹ですが、たまにスタアラも来ます。垂直尾翼のロゴの浮き出方がやばいかっこいい。

ND4_6700.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,1/2sec,ISO6400,500mm)
確か、この日最後の大型機。これもバシっと決まったので満足。でも、本当はもっとシャッターを開けたいし、もっと低感度で撮りたい…機材更新が待たれます。

そんな感じで最終便まで撮影して21時の門限をもって撮影は終了となりました。機材力が弱いのでもっと強くなって帰ってきたいです。では。


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント