合同テストのナイトランは本戦よりも長く。(8耐合同テスト

昨日はGT富士でしたが、よく考えたら2日間参加した8耐合同テストすら書き終わっていませんでした。まぁ、8耐はあんまり写真を撮っていなかったので、鈴鹿1000kmまでには8耐の記事を書き終えていることでしょう。(去年も同じことを言った気がする)

ND4_8638
#04 Honda浜友会浜松エスカルゴ&狭山レーシング
8耐の魅力の一つといえばナイトラン。国内のレースでもナイトランを見れるものといえば鈴鹿1000kmとS耐富士10時間、WEC富士6時間くらいではないでしょうか。(その昔、十勝スピードウェイでは24時間耐久レースというのもやってましたが…)
合同テストは20時ごろまで行われるので、1930にチェッカーを受ける8耐本戦よりも長い時間ナイトランが行われます。そういう意味ではナイトランを撮る絶好の機会と言えますね。

ND4_8678
#20 KMⅡ Z-TECH
8耐エントリーのバイクはゼッケンが光ります。普通にかっこいい。他のカテゴリーだとWECとかでも採用されていますね。ルマン24時間耐久レースの映像などで確認できます。

ND4_8684
撮影場所はスプーン。スプーンにはコース照明も多少は用意されているものの、基本的に真っ暗に近いので撮影はかなり難易度が高いです。-2EV対応のD4のAFでも被写体を捕らえるのは非常に難しいです。ただ、そんな中でもズバっと突っ込んでいき、オーバーテイクを狙っていくライダーはすごいです。(欧州の選手だと目が暗闇に強いので夜間でも結構速いみたいですけどね)

ND4_8717
レンズをニーニッパズームに付け替えて。やっぱり明るいレンズは夜間撮影には必須です。ただ、焦点距離が短いね…四輪でAPS-C機につけてこれを撮ればまた違ったんでしょうけど、二輪でフルサイズだとかなり小さいです。

うーん。ヨンニッパほすぃ。ゴーヨンのほうが安いので現実的なのはゴーヨンですけども。サンニッパ(比較的安い)だと短いので明るいということを考えてもちょっと厳しいかな。岡山国際サーキットならヨンニッパがちょうどよさそうでしたし。

ND4_8753
お。ゼッケンが読める。1/8secでここまで決まってればまずまずかな。

D72_6734
ナイトラン終了後、最終コーナーから一枚。8耐の決勝日はたくさんの明かりでメインスタンドやホスピタリティテラスが埋め尽くされますが、この日から見ればまだまだ先のこと。ピット内で翌日に備えるチームスタッフくらいしかこの写真からは見えません。

次は合同テスト3日目です。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント