部活の将棋(7月10日)

昨日はノーブラの日。でもなんででしょ。

今日の将棋です。

1局目(▲私-△相手)
嬉野流でそのままハメて勝った感じです。
こっちは手がある程度決まっているので割とテンポよくバンバン指しますが、そうでないのであればじっくりと時間を使って考えてほしいかなぁと思いました。


2局目(▲相手-△私)


私のノマ三に急戦をしてきました。
この▲6六角の意味がよく分からなかったので普通に指しましたが、後から聞いたところ将来の△3九飛成を受けたそうです。
よく考えてうまく辛抱したなぁと思いました。
しかし、陣形差がでかすぎました。図以下△7三角▲1五歩△同歩▲同香△1四歩からタイミングよく△4五歩と突き出してあとは駒得しながら攻めて勝ちです。

3局目(▲相手-△私)


相矢倉に進み飛車角交換が行われた局面です。
実戦は△5六歩▲4七金△5七角とかみついていきましたが、6五の銀の働きがいまいちだったことを考えるとここで△5六銀は有力だったと思います。
とはいえ、王手金取りに▲5八飛があるからやっぱ難しいか。

4局目(▲相手-△私)


先手のKKS。
端を伸ばして飛車先を伸ばさない工夫に出ましたが△7四歩が突けないのではやっぱ微妙です。
△8六歩を見せて▲6六銀をけん制するなど工夫が必要でした。


まぁ、ハイライトはここですか。
まだ難しいと思っていたのですが、△6二飛に▲3四桂が決め手です。
いやー見えてなかった。仕方ないので△6二銀とするべきでしたかね。
最後はきっちり詰みに打ち取られて負けました。

今年の1年生は強いなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント