夏の3連戦、第2戦は富士300km(GT富士

とりあえず、中間まとめ論文の提出は終わりました。また、来週中にでもぼちぼち書きたいこととか書いていきます。あと、24日の駅メモオンリーに備えてFlashAir(W-04)を買いました。E-PL6に使っているW-03より書き込みなどがかなり早くなっているので感動しています。どう運用するかはまた完成次第ということで。

ND4_1557
先月の6日に富士スピードウェイで開催された富士300kmレース編です。午前中はF4やVitzカップなどのサポートレースが行われました。その辺の現像した写真はFlickrにアップしているので、興味のある方はそちらを見ていただければ幸いです。

D72_8157
デモレース以外にもこの日はホームストレートを利用した室屋選手のデモフライトもありました。近すぎてやばいっすね…

富士スピードウェイのメインストレートの観戦席はほとんどが指定席となりますが、最終コーナー側の一部スタンドは自由席なのでこうやって観戦(?)することができます。スタンドの上側は日陰になり観戦がしやすいのでオススメですね。

D72_8218
#8 ARTA NSX-GT
レース前ウォームアップ走行です。ヘアピンから撮影しています。撮影距離が長いためレンズへの要求は結構大変かなぁと思いますね。富士のヘアピンは通路から撮る分にはかなり楽に撮れるんですが、そこから下側の斜面部分は草が茂っているので足場が不安定でちょっと撮りにくいです。

D72_8223
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG
というわけで、素直にヘアピンの上側から。観戦のためにテントを張っているお客さんも結構多いのでその合間を縫って撮ることになります。

ランキング2位だった#4 グッドスマイル初音ミクAMGは70kgのウエイトハンデを搭載しています。とはいえ、ストレートの長い富士とFIA-GT3車両の相性はよく、ウエイトハンデをものともしない走りを見せていました。(実際、2位でチェッカー受けてますからね)

D72_8261
#12 カルソニック IMPUL GT-R
富士とカルソニックといえば、SuperGTの前身である全日本GT選手権の開幕戦の勝者がカルソニックスカイライン。何かとカルソニックは富士と相性が良いイメージがありますが、数年前の130Rでのバーストなど運気の悪さもないわけではないのがまた…果たして本Rdはどうなるのでしょう。

ウォームアップ走行は20分ほどで終了です。ウォームアップからレーススタートまでは1時間ほどの間があるので、その間に水分などを補充しながらコカ・コーラコーナーへ向かいました。

D72_8322
SuperGTの名物といえば地元の警察による先導走行です。この富士Rdでは総計20台ほどの白バイ・パトカーがパレードランを行いました。

D72_8332
#37 KeePer TOM'S LC500
パレードランの最中であってもタイヤを温めることはできるので車を左右に振ってタイヤを温める様子がよく見られました。

D72_8343
#64 EPSON NSX-GT
8月の鈴鹿1000kmで劇的な優勝を魅せてくれたナカジマレーシング。しかし、この時は下から数えたほうが早いくらいのポジション。というよりも、いつもここが定位置でした。そのくらい、このチームは影が薄かったんですよ…

D72_8351
#3 B-MAX NDDP GT-R
一週目で1コーナーの外側に追い出されたのが#3 B-MAX NDDP GT-R。なので、これが今回のレース中唯一の写真となります(汗

D72_8398
前の記事でも紹介しましたが、後方で外側に飛び出しているのが3号車です。

D72_8400
#55 ARTA BMW M6 GT3
レーススタート直後の密集感を出せるのはコカ・コーラコーナーならでは。このカットを撮りたいがために集まってくる人もたくさんいました。私はカメラマンホールの真後ろをしっかりと抑えてましたが、カメラマンホールがないところから平気で撮っている方も結構多かったです。カメラマンホール以外だとワイヤーが邪魔になりそうなもんですが、どうなんでしょうねぇ。


とりあえず、しばらくはコカ・コーラコーナーでの撮影となります。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すごい!

今回もまたすばらしい写真を拝見しました!
特に5枚目と11枚目がとても好きです。
こういうのをいつか撮ってみたいです。

Re: すごい!

にわか写真家さん
ありがとうございます!シャッタースピードを落とした流し撮りはなかなか難しいですが、コツをつかめばうまいこと撮れることもありますよ~。練習あるのみ!です。