レクサスコーナーは流しやすい(GT富士

土日は知り合いの家の改装の手伝いをしていました。さすがに疲れました。(日曜は14時ごろに終了し、そこからシャワーを浴びて15時解散、帰宅後即寝でした)

コカ・コーラコーナーを後にし、レクサスコーナーで撮影開始です。

ND4_1937
#36 au TOM'S LC500
午前中にヘアピンで撮影をしていまいちだったのでヘアピンは素通りしてレクサスコーナーで撮影です。FSWの中でも定番の撮影地ということもあってカメラマンが多くいました。
写真は同じくトムス陣営である#37 KeePer TOM'S LC500とのバトルシーン。どちらもタイトル争いがかかっているだけに一歩も引かない順位争いを繰り広げていました。

ND4_1939
#100 RAYBRIG NSX-GT
レクサスコーナー立ち上がりからは13コーナーを立ち上がってくるマシンを見通すことができるので、次に〇〇がくるからそれを狙おうという感じで準備をすることができます。好きなチームの車を狙うことはもちろん、バトル情報さえつかんでいればそれを狙うことも容易です。

ND4_1941
#33 D'station Porsche
ポルシェといえば直線番長、そして富士との相性は最高というイメージですが近年はリストリクター径の変更などですっかりそのなりは潜めてしまったという感じです。ユンケルタイサンポルシェとかが走っていた時期はとにかく速くて、GT500でも抜くのを苦労したとかなんとか。

ND4_1970
#12 カルソニック IMPUL GT-R
青い車が並びました。他にRAYBRIGとかKEHINがいたらよかったんですが、なかなかそうはいきません。

ND4_1994
#88 マネパ ランボルギーニ GT3
#88は数周前から#33とバトルを繰り広げおり、ここでは順位が入れ替わっています。(結局そのままチェッカーとなりました)

ND4_2003
#48 植毛 GT-R
また毛の話してる…

昨年はいなかったチームですね。

ND4_2005
#18 UPGARAGE BANDOH 86
ストレートの長い富士ではFIA勢がどうしても有利になりがち。JAF勢のなかでは3番目にいい成績を残したUPGARAGE BANDOH 86ですが、それでも10番手。その代わり次戦の鈴鹿はJAF勢との相性も悪くないのでバランスは取れているのかなーと思いますね。

ND4_2015
#55 ARTA BMW M6 GT3
GT500のトップを走っているARTA NSX-GTのチームメイト。ARTA NSX-GTのほうは途中でトラブルが起きたりしないか心配で仕方ありませんでしたが、こちらは妙な安心感さえありました。なんだかんだで夏の富士は一昨年、昨年と連勝していますし、今回も順風満帆といえるようなレース運び。いい意味で気にしなくていいのが55号車です。

ND4_2019
#24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rはトップから14周遅れでチェッカーを受けていました。特にトラブっていた記憶もないのでなぜ14周遅れかはいまいちわかりませんが…

このあたりであるものを撮れそうだなと感じたのであるものを撮りに移動開始します。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント