そろそろ西コースを目指したい時間帯。(鈴鹿1000km)

台風で家から出れないのでブログが捗ります。台風のときこそアマゾンプライムが活きますね。前々から見たかったリリカルなのはシリーズを見てます。

D72_9770
#22 アールキューズ SLS AMG GT3
ドライバーはWADA-Qこと、和田久選手。ま、WADA-Q名義でレースを出ていたのは3年くらいみたいですが。(個人的にはニックネームイメージが強いです)ここ数年は鈴鹿1000kmを連続で完走する経験豊富なドライバーの一人になりますね。今年も完走、そして入賞を目指して力走をしていましたが、レース中盤にクールスーツの故障で熱中症に。幸い、セカンドドライバーの城内選手の頑張りもあって完走はできたそうです。(ただし、ドライバー交代義務違反でペナルティは受けたとのこと。)

詳しいことは和田選手のブログにて→レーシングドライバー☆ワダQ

D72_9779
#1 DENSO KOBELCO SARD LC500
15時ごろの逆バンクは光線状態が非常によく、恐ろしく美しい車両写真を収めることができます。逆バンク下側もよいですが、上側の何にも邪魔されない高コントラストな写真もまた魅力的です。

D72_9780
#16 MOTUL MUGEN NSX-GT
ジェンソン・バトン選手のスティントが終わって武藤選手に交代した16号車。バトン選手がピットアウトする際に危険行為によるドライブスルーペナルティがあった関係で順位は下のほう。それでもまだまだ半分近くあるゴールラインを目指して力走します。

D72_9789
#17 KEIHIN NSX-GT
相変わらず絶好調なのが17号車。すでにこの段階ではトップを走っていたと思います。

前ピンのD7200くんですが、ピントが当たったり外れたりでよーわかりません。

D72_9794
#12 カルソニック IMPUL GT-R
逆バンク上側からだとこんな感じでバトルっぽく見えます。下側だと後方にいるなーくらいにしかわかりませんからね。後続との距離感がわかりやすいのが魅力です。

D72_9822
#1 DENSO KOBELCO SARD LC500
ちょっとずつダンロップトンネル方面へ移動します。逆バンクの出口側(Eスタンド)で撮るとちょっと顔が陰ります。ちょっと立ち位置を変えるだけで同じ時間帯でも違う雰囲気にできるのは面白いですね。

D72_9827
#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS
R8勢はすでに古い車両ということもあってか成績は沈み気味。本戦もトラブルでしょうか。レースの半分以上を残してリタイアしていました。

D72_9830
#61 SUBARU BRZ R&D SPORT
スバルのキモオタブルーが反逆光に照らされていい感じのエロさがあります。

D72_9841
#3 B-MAX NDDP GT-R
前Rdの富士ではオープニングラップで追い出されていた3号車。本戦もツキがありません。コースの前半で左フロントタイヤがスローパンクチャー。大幅なロスを強いられてしまいました。8月末とかなり暑い時期であったこともあってタイヤにかかる負担というのは非常に大きかったのでしょう。この、暑い時期ならではのドラマが各陣営を襲うことになりますが、まだまだ先のお話です。

逆バンクでの撮影もほどほどに西コースを目指して移動します。といっても、お昼ごはんがまだだったので、Windさんが用意した拠点にてちょっと休憩。

ND4_4288
すると目の前のコーナーにこんなものが落ちていました。もしかして、カルソニックの後ろの部品?詳細は不明ですが、回収する暇もなくずっと放置されてました。(2回目のSCが入った段階では回収された気がしますが)

お昼休憩も済んだところで西コースを目指します。でもそれは次回。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント