部活の将棋(6月19日)

そういえば以前にE-PL6でFalashAirを使う方法を書きましたが、ファームウェアアップデートによって無事問題なく使えるようになりましたね。
ワンタイム接続も利用できるようになりとても便利です。


今日は実験のセッティング~実験の途中までを院生と一緒にやってきました。
なんだか久々に4年生って感じがしました。

1局目(▲相手-△私)


私の矢倉5三銀右急戦から相手の疑問手に乗じて銀得の戦果を挙げ、優勢のまま終盤に突入しました。
実戦は△6三歩としましたが、△5七歩成から踏み込んではっきり一手勝ちだったようです。
一例は△5七歩成▲同飛△6六桂▲5一飛成△7八成桂▲同玉△5一角と進んで盤石です。

とはいえ△6三飛もあらかじめ先手の飛車の活用を抑え、無理攻めを誘発してからカウンターを決める好みの展開と言えるので悪くはなかったと思います。

2局目(▲相手-△私)


先手中飛車に鳥刺し。
このフレーズを大学に入って何度入力したんだろうか…

△7六歩としましたが、▲7三桂成△同銀▲4六角が厳しすぎます。
実戦は△7六歩に▲5七飛だったため△6五桂▲同歩△6六角から快調に攻め続けて勝ちました。

ここでは素直に△同桂▲同歩に△6六桂や△8四飛などが有力だったと思います。

3局目(▲相手-△私)


私が上手の六枚落ちです。
ここで▲6四銀△5二歩▲6二銀なら下手が大体勝っていたと思います。
実戦は▲4九金△5七金としてから▲6四銀だったため、こちらにも楽しみが生まれ、最後に入玉を含みに怪しく指して下手が詰み筋をうっかりしたところで詰まして勝ちました。

六枚落ちまであと一歩。がんばれ!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント