E-PL6でFlashAir(W-03)を使う方法。


※追記
現在の最新のファームウェアVer.1.3では問題なく取扱説明書どおりの使い方をすることができます。


うまくできない方はとりあえずお手持ちのカメラのファームウェアが最新かどうかの確認をしてください。

~~~~以下はファームVer1.2以下の方向けとなります~~~~~
ただし、なんらかの変更でこのようなトラブルが再発する可能性もありますので、その際には参考にどうぞ。


こんばんは。
団体戦が終わってからまともに部活に参加してないんでブログの更新が滞っていましたが、私は元気です。

本題の前に若干近況報告が入りますが、ご了承ください。

さて、団体戦の直前の記事で愛用していOLYMPUS  pen lite(E-PL3)の手振れ補正機能の故障により使えなくなってしまったということは書いたと思います。
結局、AmazonでE-PL6の新古品(ダブルズームキットのボディとレンズを別にして販売)を21000円ほどで購入することができたのでそちらを購入しました。


いやー。マジイケメン。
当初の予定では白のボディを買う予定だったんですが、買う直前に別の人に買われてしまったらしく、泣く泣く(?)黒のボディに変更。
ところがどっこい。アクセントに入っている赤のアルマイト処理が施されたリングと愛用の単焦点レンズのガンメタカラー、VF-2のつや消し黒など、すべてがきれいにマッチング。黒にしてよかったです。


さて、そろそろ本題へ。


最近、RAW撮りをするようにしたため、8GB程度のメモリじゃ全然写真が撮れないんですよね。まぁ、こまめにパソコンとかに転送すればいい話なんですが、めんどいですし…
どうせならWi-Fi搭載機能のあるメモリを使ったほうが出先ですぐに携帯でツイッターとかに撮った写真を転送できていいじゃん!ってことで東芝のFlashAirを購入しました。
Amazonで並行輸入品を購入すると32GBで4400円くらいです。(国内向けはなぜか1000円くらい高い)
ですが、これが悪夢の始まりでした…

OLYMPUSのサイト
を見ると、ご丁寧に接続方法が書いてあります。この通りにやっていけば接続ができる。はずなんですが…


これ、すでにカメラと携帯を接続済みなんですね。でも、Wi-Fi接続を示すアイコンは一切表示されません。


こちらがOLYMPUSのサイトのスクリーンのイメージです。
まぁ、これはいいんです。
ここからが問題なんです。
FlashAirの初期設定では「手動接続モード」というモードになっており、E-PL6の場合はカメラ側で設定→再生メニュー→スマートフォン接続→プライベート接続という順を踏めば接続することができ、任意のタイミングでWi-Fiのオンオフを切り替えることができます。
反対の設定として「自動接続モード」があり、こちらはカメラの電源を入れると自動的にWi-Fiがオンになります。
自動接続モードにするとWi-Fiを使わないときも電波を発するわけですから、バッテリー消耗が激しくなるので多くのユーザーさんは自動接続モードは使っていないかと思います。

当然、私も手動接続モードで携帯につなぎます。
つなぐ→私「おー!撮った写真が見れるぞ!ひゃっほー!!!」→10秒後「カメラとの接続が切れました」→私「??????」
なんか調子が悪いのかな?ということでもう一回接続してみますが、やっぱり10秒ほどで接続が切れてしまう。
なんでだろう…と思っていろいろ調べたところ、どうも私が購入したW-03シリーズ(2015年3月14日販売開始)とE-PL6との相性がよくないらしい…

自動接続モードなら使えるけど、これはあまりにも不便すぎる…

色々考えた結果、ある方法にたどり着きました。
それは…


東芝から提供されているFlashAir用のパソコンアプリでMASTERCODEを設定→スマホアプリからFlashAirの設定を書き換えれるようにする。
でした。
難しいことのようですが、結構簡単。

それではみなさん一緒にくせ者のW-03を使いこなしていきましょう!

1)パソコンでFlashAirToolを起動する。


こんな画面が出るかと思います。
次に無線LAN起動モードをクリック。

2)起動モードを自動起動モードにする。


なんで?と思われるかもしれませんが、この後する設定があるため、今は自動起動モードにしておくと便利です。

3)カードの初期化・設定変更を開き、MASTERCODEを設定する。


ぶっちゃけ、MASTERCODEなんてなんでもいいです。最初に1回だけ入力するんで123456789012とかでも問題ないです。

これでパソコン側でする準備は完了です。

4)カメラにSDカードを挿入し、スマホのFlashAirアプリを立ち上げ、カメラと携帯をつなぐ。


接続してませんが気にしない。
右上になんか点が3つ並んだボタンがあるのでそこをタッチしてください。
すると「設定」と出てくるのでそれをタッチしてください。

5)FlashAirの設定をタッチ


こんな画面が出てくると思うので、FlashAirの設定をタッチしてください。
確か、ここでMASTERCODEの入力が求められるので、先ほど設定したMASTERCODEを入力してください。
一度入力してしまえばあとは入力する必要がなくなります。

注)ここであらかじめ自動接続モードにして接続を安定させておかないとMASTERCODE入力の際に間違いなく無線LAN接続が切れます。

6)FlashAirの設定


FlashAirの設定ではこのような画面が出てきます。ここの無線LANの自動起動設定をタッチしてください。

7)無線LANの自動起動設定



パソコンで自動起動設定に変更済のため、チェックボックスにチェックが入っています。このチェックのつけるつけないで自動と手動を切り替えることができます。
なので、無線LANを使う用事がすんだらここから設定を変更することでいつでも無線LANのオンオフ設定を変えることができます。

注)この設定が反映するにはカメラの再起動が必要です。なので、めんどくさいかもしれませんが、無線LANを
使用するときは一度カメラの電源を入れ直してください。


2回目以降の接続はMASTERCODEの入力が求められないため、手動接続モードで接続できる10秒程度でもささっと無線LAN自動起動設定の画面を開いて自動と手動の切り替えをすることができるかと思います。



いかがでしたでしょうか。今回紹介した方法を使えばE-PL6でも安定してFlashAirを活用することができます。
同じような症状に悩んでいる皆様の一助になれば幸いです。

残念ながらFlashAirの売りの一つであるワンタイム接続を利用してのオーナー以外の方の接続は現状する方法がわかりません…


この一件を通してOLYMPUSさんはちょっと不親切だなぁと思いました。
Amazonのレビューやいろんなサイト、ツイッターなどを見てみるとOLYMPUSに直接確認したという方が多く見受けられました。
しかし、個人個人での対応はあってもQ&AやE-PL6のページにはW-03では少し違った動作をするということについて一切触れていません。
正直、ユーザーの声がまったく反映されていないのは残念ですね。
ちなみに、この件について私もOLYMPUSに問い合わせているんですが、こちらが「自動接続モードは使いたくない。改善してほしい。(もちろんファームウェアのアプデがほしいの意)」って言っているのにも関わらず返答の内容は「自動接続モード使ってどうぞ^^」だったんでちょっとなー…って思いました。



W-03の発売から3か月、もっとまともな対応ができないとユーザーさんが離れていっちゃうよ。OLYMPUSさん。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント