FC2ブログ

小牧の航空祭は輸送機が大活躍!(小牧オープンベース2018)

昨晩、無事修了判定をいただきまして私の卒業が確定しました。学部4年、大学院2年で過ごしたこの地ももう少しでお別れと思うとちょっと寂しいですね。ま、就職先は隣の県なので鈴鹿がちょっと遠くなるな~くらいの感覚です。(小牧と各務原は近くなります)

D72_2546
前回のF-2のバックショット。昨年は完全マニュアル露出で撮影していたため、機体の露出が安定しませんでしたが、今年はマニュアル露出+ISOAUTOで撮影しているため多少のことじゃ極端なアンダー・オーバーにはなりません。あと、戦闘機は輸送機などに比べて小さいため、D7200のクロップ機能を撮影して換算焦点距離を稼いでいます。

D72_2563
ここからは毎年恒例の災害派遣演習。まずはC-130の3機編隊によるローパス。先ほどまでの編隊飛行とは異なり、後ろのフタ(?)を開けての飛行です。撮影時はそれに全く気付いておらず、バックショットを撮り逃しました(汗

何しろ、ツイッターでその開けて飛んでる様子の写真を見て気づいたレベルですからねぇ…

D72_2570
1機アップで。高速で飛んでいるけど、プロペラを回すためには低速シャッターが必要となかなか難しい条件での撮影なので打率は低め。遠慮せず連写をしたほうが良いです。ただ、一脚を使っている状況ならともかく、手持ちだと構図がずれがちなのでこういう場面だとα9のようなブラックアウトフリーのカメラが楽なのかなとも思ってしまいます。

D72_2575
毎年恒例のKC-767とF-2の空中給油演習。KC-767を保有する小牧基地ならではの光景です。(各務原でもやってたけど)

D72_2576
F-2の出せる一番遅い速度で飛ぶ関係もあってエンジンのノズルをかなり絞っていることが確認できます。

D72_2580
小牧基地からは明野駐屯地が近いこともあって明野駐屯地からも応援が来ています。その明野駐屯地のUH-60Jも展示飛行に参加です。ISOAUTOで撮影しているのでISO感度がかなり高くなっています。これならF11くらいで撮りたかったなぁと思いつつもあとの祭り。まぁ、適正露出でかつブレずに写ってるのでよしとしましょう。

D7200に限った話ではないとは思いますが、ISOAUTOにすると今の感度がファインダー表示でわからないので爆上がりしてても気づかないことが多いんですよね。D4はISOAUTO時でも現在のISO感度がわかります。

D72_2584
ヘリコプターはシャッタースピードが悩ましい。もう一段くらい落としたいというのが本音ですが、なかなかそうもいきません。

D72_2589
明野のときほどで派手ではありませんが、それでも地上で軽く一周したあとに前に傾けて離陸です。

D72_2619
海上保安庁のヘリも参戦です。このカットあたりからヘリの撮影が中心になることがわかっていたので、ND8を取り付けて撮影しています。

D72_2634
こちらも毎年恒例のアレです。空自のチヌークの登場ですが、下に何かついてますね。

D72_2654
大容量のバケツをぶら下げて放水です。放水は一瞬しかチャンスがないのでNDフィルターを外して高速シャッターで撮影しています。

D72_2671
陸自のUH-60Jが帰ってきました。

例年は落下傘による地上確認任務が行われるのですが、今年はありませんでした。

D72_2684
その代わり(?)KC-767による小牧基地上空の旋回が行われました。大型機ですが、なんだかんだ言っても機動力は高いんですよね。

D72_2696
そういえば最前列だったのでこういうカットも結構撮りやすいのはありがたい。楽々撮影です。視程が良かったので後ろにうっすらと高山の山々が見えています。こういうの好き。

D72_2709
C-130も帰ってきました。手持ちで頑張った。プロペラを完全に回すには1/50くらいまで落とさないといけないんですね…

そんな感じで午前中の展示飛行は終了。昨年のような派手さのない質素な飛行展示でした。これはこれでとは思うものの、やっぱりなんだかなぁ…って感じです。

次回は地上展示を見ていきます。では。


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント