FC2ブログ

地上展示を見にいこう。(小牧オープンベース2018)

今週末は鈴鹿ファン感です。SIGMAがレンズ貸出サービスをまたやるそうでちょっと気になりますが今回はいけないのでスルーです。代わりに週明けのスーパーフォーミュラの公式テストに行けたらいいな~くらいの感じでいます。

ND4_1905
毎年、結構混雑するのでこういう地上展示はスルーすることが多いです。とはいえ、午前の展示飛行が11時に終わり、午後のスタートが13時。さらにあきらかに空いている。ということでC-2輸送機の機内展示を見ることにしました。定番の真正面もガラガラだったのでいっぱいいっぱいまで寄って広角で収めます。丸っこくてかわいいですね。ただ、上すぼまりが気になるのでやっぱりPCレンズがほしくなるなぁ…ってのが本音です。

ND4_1911
後ろから。こういう時は超広角が頼もしい。ただ、飛行機の形状としてはかなりゆがんで見えるのでこれはどうなんだろうというのも本音ではある。

ND4_1922
機内。装備品がいろいろと。自衛隊機の中に入るのは昨年の陸自のチヌーク以来ですかね。あちらは暗緑色でしたが、こちらは白色で思った以上に明るく感じます。

ND4_1925
とても明るい。

ND4_1926
折り返し地点でこうやって写真を撮れるくらいにはゆったりと機内観察をすることができました。

ND4_1931
再び外に出て今度は真正面からシフトレンズを使って撮影してみました。中望遠なのでパースゆがみが出にくく効果はわかりにくいですけども。ライズをさせて地上景の割合を減らしています。

D72_2751
他に何か見るものないかな~とやってたら旧Nさんから警備犬の訓練がめっちゃかわいい(意訳)というラインが来たのでそれじゃ、それを見ようかなとなってそちらへ行きました。ちょうど模擬訓練の最中でした。

これは基地内に不審者がやってきたという想定の訓練です。

D72_2752
跳ねて、吠えてで威嚇します。ピントが後ろなのはへたくそなだけ。D7200だとちょっとわかりにくいんですよねー。

D72_2762
一度かみついたら絶対に離さないように訓練されているのでこうなるともう逃げるのは不可能です。かみつく力もかなり強いため訓練のときは腕当てが必須です。今回の模擬訓練でもこのかみつく力がどのくらい強いのかわかるように不審者役の人がぐるぐると回ってましたが、かみついた口を離すことはありませんでした。強い。

ND4_1940
一通りの模擬訓練が終わったところで質疑応答タイム。このタイミングになると前にいた人がパラパラと別のブースに向かっていったので撮影しやすくなりました。

ND4_1945
警備犬にとって訓練は遊びの延長のようなものなんだとか。訓練は集中力が必要なので犬の集中力が切れないように訓練するにはせいぜい1日あたり1~2時間が限度のようです。
訓練のあとはご褒美がありますが、エサを与えてしまうと極限状態のときに仕事をしなくなってしまうためご褒美は隊員と遊ぶことなんだそうです。この写真でもボールを持っていますが、これで遊ぶのがご褒美なんです。

ND4_1950
お前、隊員大好きすぎだろう。そのぐらい人懐こいかわいい訓練犬です。

ND4_1954
ちなみに自衛隊内での所属は隊員ではなくあくまで「装備品」なんだとか。自衛隊に装備をされたあとは役目を終えたあとも自衛隊に残り続けて余生を過ごすそうです。

それにしてもザワザワしたボケですなぁ…こればっかりは背景の問題か…

次回はまた展示飛行です。では。


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント