FC2ブログ

午前中の鈴鹿は撮影地が難しい。(スーパーフォーミュラ公式テスト1日目

鈴鹿ファン感明けの月曜日と火曜日は鈴鹿サーキットスーパーフォーミュラの公式テストがあります。その公式テストの1日目に行ってきました。2日目の火曜日はさすがに体力尽きそうだったので行ってません(汗

ND4_2521
#64 TCS NAKAJIMA RACING/N・カーティケヤン
いつも通り9時半白子駅発のバスに乗って鈴鹿入りしました。こうやって鈴鹿に行くのもこれが最後なのかなーと思うとちょっと寂しいですね。来年からは津方面ではなく名古屋方面からくることになりますから。

ND4_2542
#17 REAL RACING/塚越 広大
昨年と変わらず赤いカラーを身にまとうのはREAL RACING。塚越選手のゼッケンは昨年の10番から17番に変わりました。GTのREAL RACINGと同じゼッケンです。
午前中はパドックE駐車場から撮影しています。午前中は光線的にもこの方向からじゃないとちょっと厳しいんですよね。あと、公式テストでもないとここから撮影できないから選びたいってのもありますかね。

ND4_2558
#15 TEAM MUGEN/福住 仁嶺
ここ2年、F1ドライバーを輩出しているスーパーフォーミュラですが、今年も期待の星がやってきました。ホンダフォーミュラドリームプロジェクトの一員である福住選手がGP3から参戦です。昨年、スーパーフォーミュラ初年度ながら0.5pt差でタイトルを争い、今年はトロロッソ・ホンダからF1参戦のピエール・ガスリー選手と同じレッドブルカラーです。

ND4_2561
#64 TCS NAKAJIMA RACING/N・カーティケヤン
公式テストは走ったり走らなかったり。特定のチームの割合が高くなるのはよくあります。64号車のドライバーは元F1ドライバーのN・カーティケヤン選手。ただ、昨年は結果を残せていないので今年こそはという部分はありそうですね。

ND4_2568
#2 P.MU/CERUMO・INGING/国本 雄資
この場所は光線こそはいいものの、足場が悪い&フェンスが写りやすいので撮影には気を使います。あと、最終コーナー内側のエスケープゾーンの起伏で車両が隠れたりするのも面倒なポイントです。シケイン2個目の立ち上がりを狙うと500mmじゃちょっと遠いですね。

ND4_2576
#64 TCS NAKAJIMA RACING/N・カーティケヤン
去年からなんでTATAがスポンサーに入ってるか不思議で仕方なかったんですが、インド人ドライバーだったからなんですね。すっごい今更ですけども。

ND4_2583
#4 KONDO RACING/山下 健太
昨年のF3のチャンピオン、山下健太選手も満を持してスーパーフォーミュラへ参戦です。昨年の鈴鹿1000kmでは重たいウエイトを搭載するVivaC MC 86で鈴鹿のコースレコードをマークするなど鈴鹿は得意としているはず。F3チャンピオンとして、トヨタ期待の若手として開幕戦への気合は十分でしょう。

ND4_2589
#50 B-MAX RACING TEAM/J.マーデンボロー
13日の火曜日にようやく体制が決まったB-Maxレーシング、午前中のドライバーはJ.マーデンボロー選手。スーパーフォーミュラ初年度ということもあってタイムはまだまだ伸びしろがあります(初日午前は最下位タイム)。来月の開幕戦までにどこまで調整してくるか楽しみですね。

ND4_2595
#2 P.MU/CERUMO・INGING/国本 雄資
美羽ちゃんかわいい。低いアングルで横撃ちするとウイングの内側もよく見えるので良いですね。

ND4_2613
#8 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/大嶋 和也
ニュル24時間耐久やSuperGTなど国内外のレースで活躍する大嶋選手。昨年。今年は復帰後2年目のスーパーフォーミュラです。

ゼッケン、カラーリングともに昨年から変更はなしです。

ND4_2620
#18 carrozzeria Team KCMG/小林 可夢偉
昨年のルマンではぶっちぎりタイムをマークした小林可夢偉選手。今年もその速さは健在で月曜の午前中はトップタイムをマークしています。

車両全体を撮影するのも良いですが、同じようなラインアップが続いていたのでこの辺りで撮影スタイルを変えていきますが、それは次回。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント