FC2ブログ

優良日本酒飲み比べ!四日市の酒屋義侠屋の有料試飲会に行ってきた。

2週連続で日本酒ネタ。先週ははるばる新潟まで遠征しましたが、今回は四日市なのですぐそこです。

ND4_3296
今回の有料試飲会が行われたのは四日市市にある酒屋の義侠屋。近鉄四日市駅から徒歩10分ほどの場所にあります。普段はお酒の小売店ですが、今回のような試飲会は定期的に行っているようです。たまたまFacebookでこの情報を仕入れたため、Tさんとともに参加してきました。

ND4_3282
会費は1500円(予約不要)。このあとのラインアップを見ていただけるとわかるかと思いますが、破格です。13時ごろにお店に到着しましたが、すでに20名ほどのお客さんが見えていました。

ND4_3287
入り口で必要事項を記入して、名前のシールが貼られたグラスを受け取り、店内に入ります。グラスの取り違いが発生しないようにこのような心遣いがあるのはとてもありがたいですね。また、店内にはウォーターサーバーがあるので水で舌をリフレッシュしながら楽しむことができます。

ND4_3285
まずはウェルカムドリンクで乾杯。って、ウェルカムから十四代とは驚きました。もちろん、こちらは一杯しかいただけませんが、あの十四代をいきなりいただけるとは思いませんでした。しかも十四代の中でも最高峰とうたわれる龍月。口に含んだ瞬間にさわやかな香りと味わいが口中に広がります。

ND4_3286
十四代、飲み切るのは名残惜しいですが試飲会は始まったばかり。まずは酒あてクイズにエントリー。いわゆる利き酒ですね。今回用意された銘柄のうちの1本がこの瓶に入っており、それを当てるという内容です。

ND4_3315
ラインアップはこれ。もちろん、十四代ではありませんので下の7本から当てることになります。後から知ったのですが、上川大雪は最初に違う銘柄がふるまわれたそうで、それもはじくことができます。つまり、残りは6本。どれでしょうか。

ここでポイントなのがその日本酒の作り方。作り方だけでも味の方向性などが決まってくるのである程度は絞り込むことができます。や、私がやったのではなく一緒に行ったTさんの話ですけどね。(Tさんは見事にこの作戦で当ててました。さすがです。)

ND4_3288
こんな感じで一升瓶(上川大雪のみ四合瓶)で並んでいて、自由に飲むことができます。皆さんがひっきりなしに飲んでいく関係でなかなかそろって撮るチャンスがなかったため、こんな感じでお許しを。

今回のなかでは初亀が個人的なお気に入りですかね。すっきりしたさわやかな味わいで、今回用意されていたイカ墨とこれでもかとぴったり合っていました。

ND4_3311
上の写真でちょうど入ってなかったのがこの久礼というお酒。後味に独特の苦みがある日本酒でしたが、それがまた味わいとなり、もう一杯、もう一杯と行きたくなるお酒でした。

ちなみにこの久礼がお酒あてクイズのお酒でした。一発でこれだろうとあたりをつけたTさん。さすがです。(二度目

ND4_3289
店内にはお店からのサービスおつまみもたくさん用意されていました。義侠屋さん、ほんとにこれ1500円でいいんですか…?常連さんにもなると自分で好みのおつまみをもってきて他のお客さんにふるまったりしていました。私も次回はそうしたいですね。

ND4_3293
14時過ぎになると試飲会のお酒もだいぶ少なくなってしまったので、お店側からの粋な計らいで他の日本酒も飲ませていただけることになりました。(試飲会用のお酒はまだ用意されていますが、このペースで行くと最後まで持たないのでペースをコントロールするためのものかと思います。)

ND4_3295
さらに三重の地酒寒紅梅も出てきました。そういえば、寒紅梅はまだ飲んだことがありませんでした。三重大とコラボして作っている梅酒は時々飲むんですけどね。寒紅梅はなんとなく辛いイメージがあったのですが、爽やか系で飲みやすかったです。三重県の地酒といえば作をおすすめすることが多かったものの、寒紅梅もまたおすすめできる一本になりました。津の蔵ですし、入手しやすいのも〇ですね。

そんな感じで立ち飲み・雑談をしているうちにあっという間に時間は流れて解散となりました。自分はD4をずっと肩からかけていたので、カメラの話題で盛り上がったりとかもありました。先週の酒の陣の写真もそのまま入ってたのでそういうイベントがあるんですよ~的な感じで盛り上がれたのもよかったですね。

次回の開催日はまだわかりませんが、決まったらぜひとも行きたいですね。では。


人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント