FC2ブログ

ヘアピンは観察が捗ります。(スーパーフォーミュラ公式テスト1日目

佐藤天彦名人への羽生竜王の挑戦が決まってしまいましたね…羽生竜王が名人を取れば通算100期の大台に乗るということもあっておそらく世間は羽生ノリだとは思いますが、佐藤天彦名人の防衛劇に期待してます。いつまでも羽生世代にデカい面させてんじゃねぇ!ってね。

D72_3567
#8 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/大嶋 和也
クラッシュによる赤旗中断があり、結構長めになりそうだったので撮影場所を逆バンクからヘアピンへ変更しました。シケインのあたりで再開だったので割と大きめだったのかなーという感じです。まずはヘアピンの入り口側から。最近はヘアピン出口側から狙うことのほうが多かったのでこういう狙い方はかなり久々です。

D72_3569
#7 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/O.ローランド
ほぼ似たようなアングルで同じチームの2台を撮影することができました。狙ってません。偶然です(笑)

同じチームの2台ですが、タイヤのただれ方がかなり違います。8号車のほうはタイヤに赤いラインが見えるのでおそらくソフトタイヤ、7号車のほうは何もないのでミディアムタイヤかなと思います。ピットのタイミング等が完全に同じかどうかはわかりませんが、この感じだとおいしいところを過ぎたらかなり扱いにくいタイヤになっていそうですね。

D72_3587
#64 TCS NAKAJIMA RACING/N・カーティケヤン
ミディアムはミディアムでこの時期はまだ堅いのかホイールロックをさせているドライバーさんが多くみられました。拡大するとわかりますが、左前輪は止まっています。

D72_3588
その次の次のカットではすでにロックを解除して制動力を復活させています。さすがの判断速度の早さですね。

急速に速度変化があるシチュエーションなのでD7200にはちょっと厳しかったかな。D500だとその辺の設定を追い込めるみたいなので組み合わせ次第ではこういうカットでもしっかりとしたピントを得られるかと思います。

D72_3591
#20 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/平川 亮
こちらもソフトタイヤの洗礼か。荒れています。よく見るとノーズの先端がへこんでます。おそらく、先端が中空になっていてその上に貼ったカッティングが風圧で変形したとかそういうところなんですかね。

D72_3604
#7 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/O.ローランド
ブレーキロックが少なくなってきたので今度はブレーキの赤熱を狙ってみることにしました。ヘアピンも赤熱スポットなんですが、意外と狙いにくいんですよね。今回もなかなか決めることができませんでしたが、これはなんとかそれっぽい感じになったので一応OKかな?もっと真っ赤になってほしかったんですが日向なのでわかりくくなりがちです。こればっかりは仕方がない。

撮影時に結構傾いてたので傾き補正とトリミングをしています。

D72_3607
#1 P.MU/CERUMO・INGING/石浦 宏明
昨年のチャンピオン。今年も1番を守れるか。

ヘアピンの出口側は光線次第でヘルメット越しの目を狙えます。この日もいい光線だったのでそれを重点的に狙ってみました。ただ、まだ日が高かったかヘルメットの影が出ています。ボディの反射がエモいので採用です。

D72_3611
#19 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/関口 雄飛
構図はともかく…うーん。まぶしそう(笑)

それにしてもこういうカットを安心して狙えるようになったD7200くん。ほんとピント調整に出してよかった。皆さん、怪しいと思ったらピント調整に出しましょう!

ND4_2928
#37 VANTELIN TEAM TOM’S/J・ロシター
今回の最後はD4の赤熱カットで。低速で流せればローターもそれなりに赤く、かつホイールが邪魔しないので見栄えは良いです。ただそれが難しい。このカットも全体的に余裕をもって撮影してトリミングしています。

次回はまた少し撮り方を変えてみます。その撮り方では久々に気に入った写真が撮れました。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント