FC2ブログ

(自分の中で話題の)鈴鹿の森庭園の梅を見に行ってきました。

去る3月25日に鈴鹿の森庭園の梅まつりに行ってきました。残念ながらその日はすでに見ごろを過ぎていましたが、前から行ってみたい場所ではあったのでとりあえず行けて良かったですね。

ND4_3378
場所に関しては鈴鹿の森庭園(赤塚植物園)のHPを見ていただいたほうが早いです…まぁ、簡単に言うと椿大神社方面です。最寄り駅から遠く、また会場の駐車場は無料であるためできれば車でアクセスしたい場所ですね。
この鈴鹿の森庭園、入場料は500~1500円と変動します。この辺は開花状況によるという感じなので値段が他の日と違うじゃないかとか怒らないようにしましょう。(いないとは思いますが)
今回は散り始めということで1000円でした。

ND4_3381
日本といえば桜という感じですが、梅も負けてはいませんね。桜の開花時期よりやや早くに開花時期を迎えるので花見をしたい人はこの両方で大忙しかもしれません。桜は淡い桃色~白色なのに対して梅は比較的桃色が強いのが特徴です。花弁の形状も違うんですが、そこまでの知識も持ち合わせていないので省略します。

ND4_3405
鈴鹿の森庭園の最大の特徴はこのしだれ梅にあります。しだれ梅を見れるところってあんまり聞かないですよね。この写真は少し散ってて迫力がかけますが、Twitterでちょうど満開のときの写真を見かけたのですが、かなり迫力がありました。来年はそのタイミングで行ってみたいです。(仕事との兼ね合いもあるけども)

ND4_3383
今回の写真に寄りの写真が多いのも散ってるのをごまかすためだったりします。許してね。

花の写真はどちらかというとこういうハイキー調のが好きなんですが、画面処理が難しい。これも手前の枝がなければなぁ…

ND4_3393
様々な種類の梅が植林されているのでどこかが散り始めでもどこかは満開みたいな感じでピークを多少過ぎても楽しめるのは良いですね。この写真を見ると手前が満開、奥が寂しいってのはよくわかるかなと思います。

ND4_3400
再び見上げで。こちらは白系の梅さんです。

ND4_3401
白系の梅をバックにちょこっとだけ桃色の梅がうまいこと写り込む角度があったのでそれを撮って対比してみました。春らしく撮れたかなぁ。

ND4_3420
撮影のほとんどはPC Micro-Nikkor 85mm f/2.8Dで。絞りは1段程度(実効F値なのでF値的には2段近く絞って見えますけどね)しか絞っていないはずですが、この解像力はさすがの一言。本当にいいレンズです。しかし、倍率1:2だともう少し寄りたいのに…ってのが多くてちょっともどかしい。小さいお花を撮るのであればやっぱり105mmの等倍マイクロレンズが必要ですかね。あれならAFも効くしVRもついてますし。そろそろ新型にならないかな。あれ。

ND4_3425
多少散り始めでも、天気に助けられました。気持ちの良い青バックで梅の色が映えています。木の形もあいまって力強く感じます。

自分が悪いのかレンズのクセなのかわかりませんけど、遠景になるとちょっときついような気もする。まぁ、無限遠側のピントリングがシビアすぎるから自分が悪いせいかもしれない。

ND4_3440
鈴鹿の森庭園の近く(車で10分ほど)には椿大神社があります。そちらも参拝してきました。(本当の参拝をするなら登山が必要ですけど)

ND4_3443
椿大神社では名前の通り椿が咲いていたのですが、白い椿は珍しいみたいですね。椿大神社だと当たり前のように咲いているので逆に普通だと思ってました…

椿大神社では車のお祓いとか神前式を挙げれたりするので結構おもしろそうだと思いました。また機会があればきたいところ。



今回、何も下調べせずに鈴鹿の森庭園に行ってきましたが
・会場内は三脚が使えるところと使えない場所がある
→三脚禁止だと思っていましたが、使える場所もあるみたいですね。人の入り具合にもよりますが、三脚でじっくり撮れる場所はあんまりないかなってのが正直なところですけども。
・梅まつりのために整地をしている
→完成度の高さに納得。これで1500円なら安いでしょう。
・亀山JCTが近いので鈴鹿IC付近で猛烈に渋滞する&鈴鹿の森庭園から鈴鹿ICを目指す道が渋滞するという都合上、高速道路で行くのは土日祝日はやめたほうがよさそう。津方面からくるのであれば306号線を使って移動したほうがいいです。名古屋・大阪方面はわかりませんが、どっちにしろ鈴鹿ICを目指すのだけはやめたほうがいいです。

そんな感じですね。小高い場所があるのでそこからティルトを使ってジオラマ風とかもやってみたいですね。

では。


写真ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント