FC2ブログ

愛知の桜の名所、五条川の桜を満喫してきた。

今日はS耐に行ってきました。明日の入社関連の書類の準備があったので全部を見ることはできなかったのですが、予定よりも長くいれたのでそれなりに満喫できました。それに関してはまた次以降の記事で書いてきます。

ND4_3595
春といえば桜のシーズン。今年も例にもれず撮影をしてきました。昨年の撮影から機材がガラリと変わっているのでどう撮るかは難しいのですが、とりあえずアップでまずは行ってみました。

ND4_3611
五条川は愛知県北部に位置する川ですが、その川に沿ってだいぶの距離をこの桜並木が覆っています。どこを撮っても桜だらけである意味では撮り方に困らないです。桜並木の下の遊歩道からアップで撮るもよし、橋の上から桜並木を撮るもよし。
今回のカットは85mmの中望遠レンズを使って画面内の割合を高めてみました。


昼の桜並木も良いですが、夜のライトアップも趣があります。転居先に三脚が届いた日に早速三脚を担いで出陣しました。

ND4_3632
桜のライトアップは白熱球を使うことが多いのですが、五条川は一味違いました。カラーの照明を使ってライトアップしていました。これはこれで新鮮です。

風景用途で三脚が使えるのがうれしくてついつい長時間露光をしてしまいましたが、桜のブレ方が中途半端なのでもうちょい短めのほうがよかったかな。

ND4_3648
上みたいなカラフルなライトアップをしている場所は少なく、基本的にはこういう桜の色を活かせるライトアップを行っています。被写体ブレがいやだったのでシャッタースピードを速めにしています。風の吹き具合にもよりますが、このくらいが限度じゃないかなと思います。

ND4_3652
※現像時約1EV増感

夜桜ライトアップのときは人通りが多いので三脚を立てる際にも気を使います。往来が少ないところを選びつつ、写真になるところを探す。難しいですね。この写真はPC85mmのライズ機能を活用して撮影しています。別にライズする必要性は薄いのですが、この三脚はエレベータ外してますし、構図の微調整という意味ではライズのほうが楽なんですよね。こういう微調整がしやすいのもこのレンズの魅力かもしれません。

ND4_3661
スポットライトっぽくなってる場所を選べば渋い系も狙えます。しかし、後ろに自動車のヘッドライトが…遊歩道の反対側は車道なのでこういうこともあります。来年は気を付けよう。

ND4_3663
ライトアップは2130まで。終了時間が近づいてきて人の往来が少なくなったので橋の上から真ん中に川、両端に桜並木の写真を狙ってみました。良くない?

それにしてもこのレンズ、ずいぶんと画面内の点光源に強いな…ナノクリでもなんでもないのに。この前は画面外でフラッシュ炊いたらフレアがかかってハレ切り必須だったんだけどなぁ…よくわからないですね。

ND4_3664
2130にライトアップが終了しました。ライトアップ終了前に露光開始して露光中にライトアップが終了したのがこの写真。なんとも中途半歩だ(笑)

ここまで望遠の画角で撮ってきましたが、まぁ広角系もありかもね。逆に広角でもここまで密集した桜が撮れるくらい桜がいっぱい咲いているということがお分かりいただけたかもしれません。


五条川の桜は満開は完全に過ぎてだいぶ散りつつありますが、一応4月6日までライトアップは予定しているそうなので、機会があれば足を運んでみてはどうでしょうか?来年は魅力をもっと伝えれるように頑張ります(笑)では。


写真ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント