FC2ブログ

意外とB2だって悪くない。(スーパー耐久鈴鹿

アズールレーンのイベントもあと1週間を切りましたが、終わるかなー。ま、前回のイベントも駆け込みで消化しましたしなんとかなるでしょう。(といいつつ、研修で進捗の遅れは取り戻すのが非常に大変というありがたいお話が出て耳が痛いわけですが)

D72_4005
#37 DXLワコーズNOPROデミオSKY-D
耐久レースで速さを発揮するチームも非常に多いですが、こちらのディーゼルデミオはある意味では耐久特化の車。一発の速さこそはガソリンエンジン車に及ばない部分もありますが、ディーゼル故の燃費の良さから昨年はシリーズ2位を獲得するまでに。今年の24時間では耐久向けの車両らしい戦術を見ることができるでしょう。

引き続きB2スタンドの上側から。NDフィルターを使った超低速流しはいまいち決まらないので、安全圏の1/125で流します。

D72_4053
#50 LOVE DRIVE RACING ロードスター
2年前にロードスターがST-5に参戦するようになってからST-5の勢力は大きく変わりました。FRレイアウト&低重心故にコーナリングが速く、かつてのST-5の常勝マシンであったFITをあっという間に蹴散らしました。今年はタイヤが変わったことで若干コーナリングスピードがそがれてしまったそうですが(※1)、どうなんでしょう。

※1:88号車村上選手のコメントより「ピレリタイヤは縦方向は強い特性があり(中略)エンジンパワーで劣る車をいかに前に進めるかが一段と問われます。」

D72_4062
#75 m-1 CARFACTORY RS3 LMS
B2スタンドからの撮影は右上から左下に流していくイメージ。逆バンクのカメラマンホールなどでは水平にカメラを振りやすいので撮影が楽ですが、ここは慣れるまでちょっとコツがいりそうですね。普段から逆バンクの上側から撮影している人であればあんまり変わらないかもしれないですけども…

D72_4063
今回のS耐が今までのS耐と大きく違うところがタイヤ以外にもあります。それがこのFCY(Full Course Yellow)。要はコース上にトラブルを起こした車両などがいるから全区間黄旗ですよってやつ。ルマン24時間耐久レースでも採用されています。以前のようにSCを入れて隊列を組む必要がない&SCがピットインするまで待たなくても良いのでレース再開までの時間を大幅に短縮できる可能性があります。
今回の鈴鹿Rdの決勝レースでもFCYは何度か提示され、短いものであれば1分もかからずに解除されていたと思います。これがSCなら概ね3~4分はかかってしまうので大きな改善といえますね。

D72_4072
#81 J-Fly Racing R8
FCY中は速度が50km/hに制限されます。一般的な国道の制限速度よりも遅いわけですから、サーキットだとむちゃくちゃ徐行しているように感じます(笑)かなーり遅いので流し撮りは諦めて高速シャッター気味で撮影しています。多分、1/4000くらいで切ればタイヤの文字もしっかり読めたんじゃないのかなって今更ながら思いますが、まぁまた機会はどこかであるでしょう。

D72_4076
#45 プリズマ☆イリヤ RS3 LMS
構図ガバってるけどまぁ記録として。こんだけロゴがわかればプラモで再現できそう(やらない

D72_4082
#15 岡部自動車 T-MAN Z34
年度が変わるとマシンのデザインを大きく変えるチームもありますがここは安定して同じデザインなので、今年もこのチームが来たんだなぁってことがわかって安心します(笑)手元の2016年の写真と比べるとヘッドライト部が変わったかなって感じです。

FCY明けでタイヤが冷えていたのかちょっとスライドしてました。

D72_4086
#7 GLocal☆新菱オートDXLエボⅩ
ST-1の衰退も激しいですが、ST-2もいよいよという感じで寂しいです。昨年のランエボはIXとXを合わせて4台参戦していたはずですが、ついに新菱オートのエボXの2台だけに。そしてライバルはWRXとアテンザ。三菱さんがエボXIを出せばすべて解決なので早くしてほしいです。

ちなみにエボXは11年目。インテRの17年目に続くご長寿マシンになりました。

D72_4093
#9 MP Racing ワコーズEDニルズ
最初、Z33っぽいZ34走ってるなーとか思ってたんですが、まぎれもなくZ33でした。なぜ今になってZ33?と思いつつも、Z33の丸っこいデザインは好きなので個人的にはオッケーです。

このあたりでまたFCY、しかも少し時間がかかりそうだったのでちょっとだけ撮影場所を変えてみることに。

D72_4108
※1.3倍クロップ使用
#14 岡部自動車 MBFネットワークス T-MAN Z34
B2席はB2席なんですが、今度はB2スタンドの下です。前から撮れそうだなーとは思ってたんですが、やっぱりいける感じですね。ただ、大きなレースのときは日陰で観戦しやすく、人気の高い席になることが予想されるので撮影は難しいかも…

今回はガラガラだったので適当にフェンスを回避できるところから撮ってましたが、決勝レースのタイミングとかだとフェンスかじりつきなどは覚悟したほうが良いかもしれません。

D72_4132
※1.3倍クロップ
#19 BRP★Audi Mie RS3 LMS
奥側から手前に向かってくるという構図なので流すよりは高速シャッターのほうが良いかもしれません。ライン取りにもよりますが、縁石にじわっと寄せる感じで撮れるので個人的には好きかも。

D72_4159
#24 スリーボンド 日産自動車大学校 GT-R
ST-Xクラスの常勝チーム。昨年はタイトルを逃しましたが、それでもタイトル候補のチームの一つには変わりありません。今回も他のGT-Rと激しいトップ争いを繰り広げていました。

引き付ければクロップなし(換算750mm)でもいける感じですね。ただ、向かってくる被写体はやっぱりAFには厳しいのでそれなりの装備は求められるかなぁ。


1時間のフリー走行はあっという間でした。この後、別用が入ったので土曜日はこれで撤収です。次回は決勝レースです。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント