FC2ブログ

発見たくさんグリッドウォーク!(S耐富士24時間

CARGUYデモランのあとは1時間のグリッドウォーク。今回のS耐
・ピットウォーク券(1500円)
・グリッドウォーク券(4000円)
・パドックパス(8000円)
という価格設定。パドックパスにはピット・グリッドウォークがついてます。24時間パドック入り放題ということもあってお得かなと思います。来年もこんな感じだとありがたいですね。
D72_7556
パドックウォークは1時間あるので割と撮り放題。レースクイーン目当ての場合は追っかけないといけないと大変ですが、車がメインなら動かないので楽です。お目当てはやっぱり冴えカノレーシング。寄ります。

D72_7559
ルーフはB棟あたりから大俯瞰したかったものの。仕方ないね。この角度だとなんとか写ってるな~って感じ。もちろんノーファインダー撮影です。

D72_7560
普段のレースだとあんまりリアを撮らないので今のうちに撮っておきます。作中の架空の会社をしっかりとスポンサーロゴとして載せてくるのはさすがです。

ND4_6569
ちょうどレーシングクイーンの桜井さちさんもいたので一枚撮らせていただきました。最終コーナー側から日が差していたのでフラッシュを炊いて持ち上げるといい感じです。

ND4_6588
50号車のLOVE DRIVE RACINGはドライバー全員が女性のチーム。監督は日本人女性ドライバーとしてルマン24時間耐久レースの経験もある井原慶子さん(一番右)です。真ん中の5名のドライバーで24時間先のチェッカーを目指します。ちなみにレースクイーンを務めるホン・ミンウェイさんもLOVE DRIVE RACINGから参戦するドライバーです。(ラリーにTGRラリーにドライバーとして参戦しています。)

ND4_6590
立ち位置が悪かった(苦笑

プレスの撮影のタイミングで撮れたのはラッキーでしたね。

ND4_6596
13号車
D72_7565
29号車
D72_7567
55号車
同じ86ですが、マフラー・オイルクーラー・ウイングとそれぞれ規定の範囲内で好きなものを取り付けています。今のSuperGTでは同じ車両であれば大体同じものがついているのでこういうのは逆に新鮮。Super耐久らしいマシン間の違いといえます。

D72_7569
15号車のほう。初号機カラーリングですね。バイクのほうでもおなじみのエヴァンゲリオンレーシングのレースクイーンさんが勢ぞろいだったのでこちらの囲みはすごかったです。

D72_7571
最終コーナー側から歩き続けてST-TCRのところまでやってきました。45号車の右舷はクロエ・フォン・アインツベルン。
D72_7572
左舷は美遊・エーデルフェルト。そういや、プリヤは見ようと思って結局見てなかったナ…

どんなにレンズが高性能になろうとも近距離での撮影のほうが画質は当然いいわけで。仕上がりはともかく一応しっかりと撮っておきます。

D72_7574
レースクイーン(?)と2ショット。フロントウインドウの遮光のシートがなければよかったけどもしかたーない。

D72_7577
先ほどの写真で気づいた方もいるかもしれませんが、今回は夜間走行があるのでヘッドライトの他に補助ランプが取り付けられています。ヘッドライト横の四角い箱ですね。クラスによってそれぞれ違っていまして、ST-TCRはこういうので統一されてました。

D72_7578
今年から導入されたシビックですが、お前そっからエアジャッキ用のガス入れるのか…という感じ。開幕戦のときはちゃんとした蓋だったので改良(?)したのでしょうか。

D72_7579
まーもっと面白かったのがAudi R8のエアジャッキですが。前々からリアのラッパみたいなのはなんなんだろうと気になっていたんですが、どうやらエアジャッキのガスを注すところみたいです。変わった設計ですねぇ…

こんな調子でグリッドウォークを楽しんでいきます。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント