FC2ブログ

寝起きのレースは終盤戦!体力限界まで撮り尽せ!(S耐富士24H

体内時計がくるってるのか今日は木曜日(といっても、ブログ書いてる時点では木曜日だけど)という感覚がずっとありました。まぁ、週明けの段階で1日ずれてたのでそのまんま続いてるという見方もできますけどね。まだ水曜日が終わっただけと思うとなんだか損した気分です(笑)

Windさんの車で車中泊をして体力を取り戻すつもりではありましたが、いかんせん暑い。なんとか必要最低限の睡眠はとりつつも、結局3時間ちょっとくらいしか眠れませんでした。来年、どうするかよく考えないといけないです…
D72_8668
#66 odula Idia MAZDA デミオ15MB
車から出たあとはグラスタ裏でJunさんと合流し、D7200のバッテリーを受け取りました。これで充電満タン、撮影に入れます。充電、ありがとうございました。
ちょうど周回バスが来ていたのでそれに乗り込み寝起き一発目の撮影は13コーナー外側から行いました。他の撮影ポイントとの絡め方が少しめんどくさいものの、バスからすぐなのはありがたいですね。
撮影時刻は11時半。レースも残り3時間とちょっとのタイミングです。ここまでくると車もだいぶボロボロででガムテープを巻いてないチームがだいぶ多くなっていました。

D72_8679
#168 冴えカノレーシングWITH FCA
序盤のエンジントラブルに泣いたものの、それ以降は順調に走っている168号車。トラブルさえなければというのはレースにありがちなたられば。今回の24時間耐久レースはできるだけ完走しやすい条件を整えるためか、トラブルを起こしても積車でパドックに戻し、修理。直ればレース復帰という流れをとっていました。そのため、21時間が過ぎようというタイミングでも元気に走っていられるわけです。素晴らしい。

D72_8687
#58 ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
数少ない10年前の耐久レースを走ったことがある車種。とはいっても、小林自動車レーシングプロジェクトにとっては初めての24時間耐久レースです。トラブルが続いており、すでに車両は満身創痍気味。それでも走っている限り入賞の可能性は残ります。が……

D72_8738
レースが赤旗中断となりました。確か、58号車がエンジンブローしたとかなんとかだったような…その処理で赤旗中断となったようです。58号車、無念のリタイアです。

ちなみに撮影場所はレクサスコーナーの最終コーナー寄り。フェンスの切れ間から撮影ができますが、この日は陽炎がすごすぎて狙うにはかなり厳しいコンディションでした。

ND4_7749.
レース再開はSCランで。富士のSC、レクサスとは豪華やなぁ…と思ったものの鈴鹿は鈴鹿でNSXなので、メーカーお抱えのサーキットはすごいなぁっていう感想に落ち着きました。

ND4_7792
#168 冴えカノレーシングWITH FCA
そういえばNDフィルター使ってなかったなーと思いましてNDフィルターを出して流し撮り。レクサスコーナーの出口側って撮影しやすくていいんですよね。

ND4_7858
#14 エヴァRT弐号機 岡部自動車 Z34
まぁ、こんなもんでしょう。

14号車のカラーリングは富士のためだけなのかなって思ってたんですが、先日行われたAPでのS耐もこのカラーリングで出ていたので今年はたぶんそういう仕様なんだろうなって気がします。(注:チーム名は岡部自動車MBFネットワークスT-MAN Z34に変更されています。)

ND4_7882
#168 冴えカノレーシングWITH FCA
来ると狙うので打率が低くても歩留まりが良くなるのが168号車。

ND4_7891
#7 GLocal☆新菱オートDXLエボⅩ
クラストップを快走する6号車の相方。しかし、こちらはトラブルが多かった…何もなければランエボの1,2フィニッシュもあったのかなとちょっとだけ思っちゃいます。

ND4_7933
#999 えんとつ町のプペル GLORY FN2
レポートを読んでも特に名前が出てこない999号車。名前が出てこないでしかも走り続けているということはそういうことです。24時間(この時点では21時間)走れていること。これ自体がすごいことなのです。

ND4_7943.
#62 DENSO Le Beausset RC350
昨年の富士10時間耐久レースのクラス優勝を果たしている62号車。長距離のレースは得意とみられていましたが、今回はやや苦しいか。1位を走行する68号車の背中が遠く、クラス2位を走り続ける展開が続きます。

てか、1/25でめっちゃ気持ちよく決まったしほめてほしい。

ND4_7952
#99 Y’s distraction GTNET GT-R
ライバルである3号車の脱落もあり一気に視界良好となった99号車。とはいえ、3号車がトラブルを起こしたということは同じGT-Rのこちらにも起きる可能性がないとは言い切れません。後ろからはポルシェ・アウディの耐久レースを得意とするマシンが続ているだけに周回差があっても油断はできません。

ND4_8065
#59 DAMD MOTUL ED WRX STI
今回、一番ボロボロになりながら戦い続けたWRX。右のフロントドアだけは…絶対に無傷で持って帰らなくてはなりません。

ちなみにこの青のガムテはSTIの通販で買えます。青のスバル乗りは買おう。

ND4_8093
#69 J’S RACING Moty’s 制動屋 FIT
夜のあたりまではトップを走っていた69号車。しかし、夜間のリアバンパーの修理で時間を食ってしまいすでにこの時点ではトップを明け渡しています。

W痛車で撮れました。これにプリヤもいれてトリプルで撮りたいなー(たぶん無理

ND4_8098
レクサスコーナーの隠れ定番スポットから。コース上のブラックマークとテールランプがいい感じで撮れます。

ND4_8119
ディーゼルのデミオは煤でお尻が真っ黒でした。たまげた…

レクサスコーナーはここでお別れ。このカットを撮った段階で残りレース時間は2時間を切っていました。体力もそろそろ限界ですが、振り絞って(軽い休憩をはさんで?)ラストスパートをかけていきます。

では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント