FC2ブログ

レースも大詰め。最後の力を振り絞れ!(S耐富士24H

クソ暑い1週間でした。自転車通勤は普通にキツイ。そういや、乗ってるクロスに空気入れたんですけど、あれってバルブのねじ緩めないと空気入らないんすね…いつもお店で入れてたんで知りませんでした。友達に教えてもらって初めて知りました(汗)次からは大丈夫です。

D72_8746.jpg
#27 D’station FINA ゴーゴーガレージ SSR Ings 86
レースもラスト1時間。最後は13コーナー外側から撮ることにしました。なんだかんだでここの感触って結構いいんですよね。

27号車はD'stationのST-4のほう。ここのボス、ST‐Xに出場している777号車は渾身の走りでクラス2位まで浮上していましたが、ラスト1時間半というところでエンジンブローでリタイア。仲間のためにもしっかりと完走したいところです。

D72_8757
#168 冴えカノレーシングWITH FCA
だいぶ流す気力もなく。気楽に撮るためシャッタースピードは1/125で。このくらいが一番バランスいいです。やっぱり。

D72_8762
#83 Phoenix Racing Asia R8
一時は総合トップを走っていた83号車。といっても、メンテナンスタイムを消化してなかっただけというオチでした。実際のところは99号車が前で、途中のペナルティもあって3位まで順位を落としていました。しかし、ライバルの777号車の脱落で再び2位へ。前との差もあるのでここは無理せずという感じです。

D72_8773
#6 新菱オート☆DIXCELエボⅩ
トラブルもなく堅実に走り続けトップをキープする6号車。ライバルの59号車や17号車との差も大きく壊れなければ…というポジションを走ります。

D72_8794
#86 TOM’S SPIRIT 86
夜のトラブルで順位を落とした86号車。しかし、連覇を狙うチームとしてもここは落とせないということで執念の走りを魅せ続けます。

D72_8805
#100 トレーシースポーツwith SPV
白いボディだとタイヤカスが目立ちます。これこそ耐久レースならではの光景ともいえます。

100号車はすでに前とも後ろともかなりの差が開いており何かがない限りは順位の変動がないポジション。ひたすらに自分と戦い続けます。

D72_8816
#48 DIJON ホンダカーズ野崎エンドレスFIT
23時間走ったわりには結構きれいなような?それだけ接触などのない丁寧なレース運びができていた証拠なのかなと思います。24時間耐久レースは速く走ることももちろん大事ですが、それ以上に走り続けること。これがないと結果に結び付けることができません。レース上手です。

D72_8829
#69 J’S RACING Moty’s 制動屋 FIT
序盤は調子が良かったものの…夜のあたりから調子がくるってしまった69号車。前を行くデミオとの差もちょっと大きく逆転2位はちょっと厳しいか。堅実に3位をキープです。

D72_8845
#9 MP Racing ワコーズEDニルズ
前回の記事でDC5だけが24時間経験車と書きましたが、よく考えたらZ33も10年前を経験してますよね。うっかりした(汗

前と後ろの差も大きく、きっちりクラス6位。

D72_8870
#999 えんとつ町のプペル GLORY FN2
こちらも丁寧なレース運び。

D72_8879
#244 MAX Racing RC-F
トラブルもなく、バトルもなく。ただ黙々と走っていた244号車。しかし、気づけばライバルの脱落もあって4位まで順位を上げていました。すごい。

D72_8943
#75 m-1 CARFACTORY RS3 LMS
左フロントが痛々しい75号車ですが、この段階ではすでにクラストップ。参戦3戦目ながら優勝まであと少しとなりました。ノーペナ・ノートラブルがこんなにも大きいとは…

D72_8977
#59 DAMD MOTUL ED WRX STI
序盤の接触、夜の接触、そしてレース終盤は足回りのトラブル…ツキがとことんなかった59号車。勝利の女神様はなんとも残酷すぎます…

59号車を撮った段階でレース残り時間は43分。この熱狂的なお祭りにも少しずつ終わりが近づいてきています。終わってほしくなーい(笑)でもいつかは終わりが来ます。果たしてその記事はいつになるのか。8耐前には書き終えたいですね。では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント