使っているカメラ。

最近、部活の将棋しか記事を書いていなかったのでたまには普通の記事でも。

以前書いたプラモデル制作記でカメラを新しくしたというお話をしましたが、そのカメラの紹介をしていなかったのでそれについて書こうかと。

これまでのデジカメ遍歴は忘れましたが、
小学5年生くらい~:コンデジ
中3くらい:CASIO?の乾電池で動くコンデジ
高1のおわりくらい~:富士フィルムのコンデジ
大2くらい~:↓のコンデジ
覚えている範囲だけでも4台のコンデジを使ってきました。
1番最初は物理的に壊れ、2代目は確か撮影しても真っ白になってしまう不具合が発生、3代目は電源スイッチがおかしくなってまともに電源が入らないという感じだった気がします。

まずは以前使っていたコンデジから。


パナソニックのLUMIX(DMC-FX70)です。
タッチパネル搭載で使い勝手はなかなか悪くないです。
また、搭載されているパナソニックライカレンズのF値が2.2と後述するオリンパスpenの標準ズームレンズのF値3.5よりも低い明るいレンズが搭載されています。
もっとも、こういう数字に詳しくなったのは今のミラーレスにしてからですが^^;
工学ズームは4.3-21.5mmの5倍ズーム。
近接撮影にも強く、模型製作過程の撮影には非常に便利な一台です。

(この子は素子が汚れているのかレンズ表面のコーティングがはがれてしまっているのか明るいところで写真撮ると変な影が映るんですが…)



続いて2月からのパートナーとなったOPLYMPUS pen Lite E-PL5です。
ツイッターのフォロワーさんにゆずっていただいたオリンパスのミラーレス一眼カメラです。
(※マイクロフォーサーズは35mm版換算で焦点距離は2倍)
この写真ではパナソニックのLUMIX G 20mm F1.7 ASPH.(20mm単焦点レンズ)がついていますが、こちらは今月の頭に購入したレンズです。
オリンパスからは25mmのF1.8の単焦点レンズがリリースされていますが、ちと値段が高い^^;
これの新しい型のレンズがパナソニックからリリースされていることもあり、中古市場には結構流れているので選択肢の一つとして有力です。



続いて使用しているレンズ群。
左がマクロコンバータ(MCON-P02)、真ん中が標準ズームレンズ(14-42mm)、右が望遠レンズ(40-150㎜)です。
マクロコンバータはLUMIXレンズに付けれますけど、メーカー推奨ではないので、なるだけ使ってはいません。
(多分、レンズのAFの駆動システムに負荷がかかりすぎるからかと思われます。)

標準ズームレンズ、一番最初についていたレンズです。F値は3.5-5.6でむちゃくちゃ明るいってわけではないです。普通です。
上のE-PL5の写真を見ていただければわかるかと思いますが、あの単焦点レンズを購入してからほとんど使っていません^^;

右の望遠レンズは割と使う機会が多いです。
主に大学で鳥の写真を撮るのに使っています。
F値は4-5.6。
レンズ径の違いからか標準ズームレンズ並の明るさです。


これは今日撮影した学内にいた燕。
150㎜いっぱいまで伸ばして結構寄れる。まぁ、この燕ちゃんは結構人なれしていたので割と近づけたんですけど。



さて、次はオリンパスの75-300か45mm単焦点がほしいなぁ…あー…でも、電子ビューファインダーもいいなぁ…
物欲は尽きません。

カメラって、楽しいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント