部活の将棋(4月22日)

今日は院生の先輩にくっついて実験のセットアップの手順をお勉強してきました。

そのあと、部活に行ってきました。

1局目(▲相手-△私)


鳥刺しばっかりだったので気分転換に飯島流引き角戦法を採用しました。
鳥刺しと違って王様が堅いのはうれしいですね…
どうも先手の子、角道をあけないことがどうもトラウマのようです。
(ちなみに部内には角道をあけることがトラウマな部員もいた気がしますが…)

というわけで8七に銀を持ってきて8筋を固め、そのあと6筋に展開するという工夫に出ました。
しかし、平凡に指して平凡によくなって平凡に勝ちました。
対策(?)のようなもののイメージは伝えたので次回はもう少しよくなっているかもしれませんね。

あとは30秒将棋。
四間飛車穴熊を勉強中ということだったので相穴熊に進めました。
1局目は難しいと思っていたところで相手が投了。早すぎぃ!
2局目は千日手。
3局目は途中負けの局面もありましたが、相手が穴熊特有の貼りつきをしなかったため、攻めが切れて逆転に成功しました。



意外と(?)部活に行っていますねー。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント