FC2ブログ

AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIと200-500mmF5.6は航空祭で使えるのか。(各務原航空祭2018番外編

(まだ本編を書いてないのに番外編とはいかに)

先週の木曜日にニコン純正のテレコンバーターAF-S TELECONVERTER TC-14E III(TC-14EIII)を購入しました。200-500を購入したときや70-200mmF2.8を購入したときに言っていた「純正のテレコンが使える…」という伏線をようやく回収できました(笑)

ND4_7471
新品で5.2万、中古でも4.2万くらいする、使用頻度を考えると少々高めに感じるレンズですが、入れてみた感想としては意外と使えるという感じでした。

ND4_7473
こちらがマスターレンズ側。テレコンについて今更説明する必要もないような気もしますが、このTC-14EIIIは装着するレンズの焦点距離を1.4倍にするアイテムです。なので、200-500につけると700mmのレンズになります。(焦点距離が伸びる代わりにF値が一段落ちるので200-500mmF5.6はF8のレンズになります。)

ND4_7477
装着するとこんな感じ。重たいレンズの間にこれが入るわけですから、剛性はちょっと心配。200-500ならまだ大丈夫かもしれませんが、サンニッパやヨンニッパのような重量級のレンズを使うときはより一層慎重になる必要がありそうです。

このテレコンバータをつけて各務原基地で行われた航空祭(とその予行)に行ってきたので、その感想を忘れないうちに書いていきます。今回の記事は土曜日の予行の写真がほとんどですけど、日曜日の写真も少し入れてます。
(土曜日は木曽川沿いの土手、日曜日は基地内南会場にて撮影を行いました。)

D72_6822
まずは正面からやってくるブルーインパルスを700mmで。D7200に装着しているため換算焦点距離は実に1000mm。驚異的な焦点距離ですが、飛行機ではまだまだ短いかなぁと感じるレベルですかね。

D7200の測距点は中央1点のみがF8測距に対応していますが、その周辺のAFポイントでも割と普通に動いてました。精度が悪いのかもしれませんが、このカットでは特に大外しをすることもなくしっかりと追ってくれました。

D72_6824
続いてワイド端の200mm(280mm)で。テレコンを外す暇がない以上は使います。ピントの関係か、先頭の機体がやや甘く感じますが、それ以外としてはまずまずの解像感。70-200mmF2.8とかで撮ったほうがよっぽど解像するでしょうけど、使えないという感じではないですね。

奥から手前に向かってくる条件での撮影でしたが、AFの食いつき自体は問題なさそうです。

D72_6922
700mm+トリミング。
続いては左手から右手へバック・トゥ・バック。撮影距離がほぼ変わらないためAF的にはきつくない条件ですが、描写は緩め。被写体ブレという気もするんだけども。
ズームレンズ+テレコンということを考えれば十分アリな写りだとは思いますけどね。

D72_6996
700mm+トリミング
シャドウ部のノイズとかはもうカメラ依存なんで仕方ないので目をつむるしかないんですが、それ以外の写りはかなりのもの。バック・トゥ・バックのカットに比べて撮影距離が近いため、描写的に苦しい部分が少ないのか非常にキレのある写りをしていると思います。

D72_7050
700mm+トリミング
コークスクリューは正面から一回撮ってみたかったので満足です。機体の太陽光が反射している部分の色にじみなどもなく非常に素直な写りという感想です。あとはカメラ側の問題かなぁ…

D72_7325
700mm+トリミング
続いて日曜日の本番からのF-2機動飛行。うーんやっぱり苦しいのかなぁ。若干AFが追いついていないような気がします。先ほどのブルーに比べても飛行速度が速いため、マスターレンズのAFの遅さとD7200の甘さが響いてしまったのかなという感じがします。それでも完全なピンボケはなく、すべてのカットで食いつく姿勢はあったので及第点かなとも。

D72_7441
500mm(テレコン無し)
ここまでテレコン有りのカットが続いていましたが、比較用にテレコン無しのカットも。さすがに拡大時のくっきり感はこちらが上ですが、テレコン有りとテレコン無しをぱっと見で比較できるほどの差はないかなーという感じです。

D72_7570
700mm+トリミング
最後は絞り開放F8でのカット。狙ってF8というよりはうっかりF8だっただけですが。F-15の機動飛行も結構な速度なのですが、こちらもまずまずの食いつき。むしろ、日が陰ってからもこの食いつきであれば相当頑張ってるほうかと思います。


~~まとめ~~
正直、相当使える組み合わせです。もちろん、F値が暗くなることでISO感度やシャッタースピードに余裕が少なくなる点を考えると条件はやや限られますけども。TC-14EIIIの画質劣化は相当少ないという記事がデジカメinfoののほうにもありましたが、実際に使ってみてそれは本当だなーと思いました。また、F8測距の保証外の測距点でも普通にAFが使えたというのもうれしい誤算で、テレコンがついていることを忘れてしまいそうになることが多かったです。

D7200でこれだけ使えるわけですから、航空祭でかなり見かけるD500+200-500勢の方にはぜひテレコンをつけて撮影に臨んでほしいなと思いました(笑)


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント