FC2ブログ

木曽川からブルーインパルスを見てみよう(各務原航空祭2018予行

時系列から行くならばGT富士500Mile→SF鈴鹿→GTもてぎなんでしょうけど、航空祭を同期に布教したい一心でこちらの現像を優先的にやっていきます。

航空祭前日に行われた予行の写真です。機材は基本的にD7200+200-500VR+TC-14EIIIです。

D72_6814
予行は17日の14時ぐらいから行われました。各務原基地からのお知らせで何時ごろというのは発表されていましたが、明確に決まっているわけではないので、1時間くらい前には現着して準備を整えました。この日は車で来て近くの駐車場にとめて撮影をしましたが、あの混み具合を考えると自転車で来るのもアリだったかもしれません。

D72_6831
木曽川南側を選んだ理由はまぁ、シンプルです。基本的に基地上空で何かしらの演目が行われるので、基地を北側に構えるポイントで撮影をすると順光で撮れます。
実は、これまでの航空祭って全部逆光状態で撮影していたんですよね。そりゃなんか空が白いし飛行機が暗いわけです。

D72_6869
サンライズかと思ったんですけど違うような気もする。

順光で撮っているので色のりはまずまずかなぁ。とはいえ、14時前後から雲が出始めて出たり陰ったりで100点満点の快晴ではなかったのが痛いです。ちょっとくすんでますね。

D72_6895
引けると言っても換算400mm。一般的には超望遠の部類に入ります。ブルーを撮るのは4回目くらいですが、なかなか構図のとり方がわかりません。難しいです。

D72_6915
これぞ望遠レンズの圧縮効果という感じ。機体がまるでぶつかりそうなくらい近くを飛んでいるようにも見えます。

実際のところ、尋常じゃなく近いんですけどね。よく見ると1番機だけスモークが出ていません。そういう演目なのかたまたま先に切れていただけなのか…真相は不明です。

D72_6950
ちょい逆光でバックショットを狙いました。スモークの立体感がいいですね(語彙力

D72_6966
多分タッククロス…

右手と左手からそれぞれやってきてそのスピードのままお互いすれ違い、急上昇していきます。これをお互いブラさずに撮るのは横からは難しいなぁと思います。これも運よく2機が一緒に入ったラッキーカットでした。(一緒に撮影されていた方は7DMkIIでも入らなかったといっていたので素直に運かなと思います)

D72_6981
上下感覚が狂いそうになるようなカットを量産できるのがブルーインパルスの面白いところ。4機一斉に背面飛行です。

フォーシップ・インバートという演目ですかね。2機ずつくるくると回っていくのが見ていて楽しかったです。

D72_6990
6機で来ると位置関係がすごいですね…

これも3機ずつくるくると回りながら背面飛行をしていました。

ND4_7307
詳しくない私でも一発で名前が出てくる演目の一つ「サクラ」です。以前、小牧の航空祭で見ることができたのですが、その時は全く収まりきらなかったので今回は反省して18mmをもっていって撮影に挑みました。

が、写真の通り見切れてます。18mmでも足りませんでした…これが会場内からとかならまた違ったかもしれませんが、より広角なレンズが必要なんだな…と改めて思いました。

D72_7068
特にどういう演目というわけではないですが、別の機体から出たスモークとこういう風に絡むとなんかちょっとテンション上がります。説明はできないけども…

その他コークスクリューとかは前回の記事に載せたので今回は省略。約1時間、それなりの光線の中ブルーインパルスの撮影をできたので概ね満足です。今度は普通に戦闘機が飛ぶときとかに来てみたいですね。

では。


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント