FC2ブログ

ブルーインパルス&各務原基地ならではの団体飛行をご覧あれ(各務原基地航空祭2018

気づけば今年もあと10日ばかり。最近は残業続きで家に帰ってもなかなかパソコンすら立ち上げない感じの日が多いです。せっかく27インチのディスプレイ買ってだいぶ快適な環境を作れたのにね…(パソコンはノートのままなのでいい加減どうにかしたいところですが)

D72_7413
さて、今回の記事でささっと各務原の航空祭編を終わらせます。

まずはブルーインパルスから。テレコンを外して200-500のみで撮影にのぞみます。まずは背面飛行から。

D72_7436
正直なところ、なんの演目だったかな…状態なので細かい演目などは省略で(汗

4機編隊で会場上空を飛んでいます。この日の各務原は晴れで風などもなく非常に良いコンディションだったため、第1区分での飛行を行えたようです。(よくわからない

D72_7467
ブルーインパルスといえば複数機で至近距離で飛ぶことが多いです。望遠レンズの圧縮効果を活用すると2機がほとんど重なったように見える変わったショットも撮れたりします。パッカンなどに比べると比較的狙いやすいと思うので、狙ってみるのも面白いかもしれませんね。

ND4_7314
超望遠で撮るのも良いですが、ブルーを狙うなら広角レンズも用意しておきたいところ。

広角レンズを用意しておけば上空に描かれたハートマークもしっかりと写し取れます。もっと、これはスマホでも十分狙えそうな大きさですけどね。

ND4_7315
上空に描かれたハートマークを3着目の飛行機で撃ち抜く”キューピット”という演目です。

もうちょい3機目のスモークが伸びるものだと思っていたら、意外とそうでもないんですねぇ。

D72_7530
ブルーの演目だと編隊を維持したまま一気に高高度まで上がって折り返すみたいなの(伝われ)があるので、そのスモークをバックに入れたカットを撮ってみたいのですがなかなか撮れません。どうやったら撮れるんですかねぇ。

D72_7549
正面から6機編隊で来て…

D72_7550
一斉にくるっと回転。息の合わせ方が素晴らしいです。

ND4_7319
超広角レンズがあってよかった”スター”

ちなみに魚眼などさらに広角域を映せるレンズだと地上に駐機してある機体と一緒に撮れるので、北会場から撮る場合はそういう撮り方もアリかと思います。

ND4_7344
ブルーのあとはお昼をはさんで再び機動飛行。

まずは退役の近いF-4さんから。このシルエットだけでわかるガル翼ももう少ししたら見納めと思うとちょっと寂しいですね。仕事で移動中よく見ますけど(笑)

この辺のカットはD4で撮影していますが、高感度の余裕や現像耐性を考えるとやっぱり極力フルサイズで撮りたくなりますよねぇ…D7200くん、もう少しノイズ耐性とか頑張ってくれればうれしいんですけどね。

ND4_7349
続いてF-2のWスペマ。通常色がいないのも面白いですねぇ。

ND4_7364
続いてF-15のW離陸。こちらはスペマというわけではありませんが、今回のひそねとまそたんコラボ仕様になっています。

ND4_7393
いつの間にC-1飛んでたんだって感じもしますが、岐阜基地名物異種混合編隊飛行。これは…変態です(笑)

C-1*1、T-4*3、F-2*2、F-4*2、F-15*2と合計10機による編隊飛行です。昨年はF-4の機材トラブルで非常に寂しい編隊飛行だったので、これを見れて大満足。ちなみにデルタ体形ということでこの時の選曲は”ワルキューレが止まらない”でした。そりゃデルタだけども。

ND4_7406
大小の飛行機が一糸乱れぬ隊形で飛ぶこの姿は圧巻です。

この日は陸自の戦車も展示されており、それと絡めた写真をツイッターで見たときはさすがにやられた!!って思いました。そういう柔軟な発想をもって撮影してみたいですよねぇ。

D72_7592
編隊飛行のあとはF-2やF-4による機動飛行。爆音を楽しみます。

ND4_7448
全部終わってさて、帰りましょう。帰るころになるとX-2の展示も空いており、割と余裕で写真が撮れました。

ND4_7458
昨年の各務原基地100周年を記念して用意されたスペマF-4。もう飛ぶことはありませんが、かっこよさは健在です。

ND4_7459
先日の築城か百里か忘れましたが、そちらで飛んだスペマ機。こちらも引退だそうです。

老兵がだんだんと引退していき、次の戦闘機は果たして…?楽しみですね。

ND4_7466
北会場から出入りする場合は名鉄三柿野駅で降りて川崎重工の中を通って基地の北会場入りをするのですが、川崎重工の工場内では写真撮影が禁止されています。しかし、今年は川崎重工の会社にブルーインパルスのT-4が展示されており、そちらのみ撮影が可能になっていました。太っ腹!
なんでも、使用しなくなった機材が川崎重工に展示されるようになったそうです。航空祭の直前くらいに入ったらしく、気合が入っていました。


というわけで今年の航空祭もこれにて終了。テレコン入れた200-500でも十分撮影できることがわかりましたが、やっぱりいろんなところが気になります。ゴーヨンかD500か…どちらも入れれば一番いいんですが、それはまだまだ先のお話ですし、D7200でどこまでやれるのかが気になるのでまだ機材更新はしないと…思います。

では。


飛行機ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント