部活の将棋(4月21日)

大学卒業できるのか心配です。
研究室生活が大変に感じますね…
というか、まずは院試ですよなぁ…

今日は1局だけ指してあとは適当に10秒あひるをしてました。

1局目(▲相手-△私)


先手四間飛車に鳥刺しをしました。
この両取りをうっかりしていたようで技ありかなーと思っていましたが、感想戦で▲4四角と切る順を検討したところ意外と難しかったようです。
実戦は▲6六飛△7七銀不成▲同桂△8四飛…と進んでこちらがペースをつかみました。


ここで▲5七角が粘り強い一着でした。
実戦は△4八飛成と不本意な飛車切りを要求されましたが、それでもこちらが良かったようで、少々もつれたものの勝ちました。
しかし、△4八飛成ではなく、冷静に△6九龍~△5八桂成を狙ったり、そもそも△6六桂~△7八飛という攻めに代えて素直に△9九龍~△6六桂~△7八飛などを狙ったほうが自然だったような気がします。



後輩君が相掛かりに興味を持ってくれたので、軽く形の説明をして本を貸しましたが、個人的にはもっと早くに興味を持ってもらいたかったですね…
私がもっと部活に参加できるタイミングだったら実戦を通していろいろ教えることができたんですが…

あと、貸本といえば四間飛車穴熊の急所を約1年ぶりに見ました。あと、佐藤康光の囲い破りも。明日にはまた別の後輩の元に行きます。
俺全然読んだ記憶ないなー(汗


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント