学生選手権(3月27・28日)

年度末の学生大会、参加してきました。
毎年これが楽しみの一つだったりします。

まずは団体戦から。
1回戦(▲私ー△相手)

▲2四歩が定跡で以下△同歩▲同飛△5六歩▲6六歩△5七歩成り▲同銀△5六歩…が一例です。
覚えていたのですが、昔負けた記憶があって▲5八金右と妥協しました。
ですが、感想戦で聞いてみたところ悪くはないので次からは妥協しないでいこうかなーと思います。

その後、▲銀冠-△穴熊に進行。


どこかで▲5六歩の突出しを狙っていましたが、そろそろいくべきだったのかもしれませんね。
手抜かれることを心配していたのですが、手抜くと▲6五歩~▲5五歩と進めることができるので悪くはないんですね。
知識・経験不足が露呈してしまいました。


双方残り3分というところでこの局面を迎えました。
次の私の一手は▲6四同馬。
駒の動かし方を間違える禁じ手で負けました。

2回戦(▲私-△相手)


簡単に言えばこの一手で将棋が崩壊しました。
△4二角とされて身動きがとれなくなりました。
実戦は▲5七銀上と△6四角をけん制する方針に出ましたが、今度は逆サイドから△2四歩▲同歩△同飛▲2五歩と飛車先を軽くされ指しにくくなりました。
後手の方の楽観もあって形勢がやや接近した場面もありましたが、終始逆転には至らず。
▲9六歩ではなく▲3五歩とするか、△4二角に▲3七桂として▲2六飛~▲3五歩などを狙うべきでした。

3回戦(▲相手-△私)
まだあまり実戦経験のない方だったのか、角換わり模様の出だしから角換わりを拒否したところ、あっさり作戦勝ちになって、そのまま勝ちました。

4回戦(▲私-△相手)
後手の角交換振り飛車から千日手になりました。

4回戦千日手指し直し(▲相手-△私)
振り飛車をされた方なのできっと▲振り飛車-△鳥刺しになるだろうと思っていたら相矢倉になりました。

先手がやや動きすぎたおかげもあり、後手がやや指しやすい局面かと思います。
ですが、ここで△4三銀引が完全な悪手で形勢が詰まる原因になってしまいました。
ここは△3一銀や△2四歩が有力でした。
というのも、△4三銀引以下▲1九飛△2六馬▲7一飛成△2四歩▲3四歩と痛い焦点の歩が飛んできて、最後は▲1三飛成が実現、入玉に希望を託すものの、あえなく時間切れ負け。(もっとも、即詰みもあったのでどっちにしろ負けですが。)

5回戦(▲相手-△私)
先手中飛車に終始落ち着いた指しまわしで全駒ペースで圧勝しました。
快勝譜です。


しいて局面図を上げるならここでの△6六角が自慢の一手。
金取りが受けにくいです。
▲5八金△5一飛とどんどん力を足していき、相手に駒を使わせることで相対的に自玉を安全にすることができました。

団体戦の個人成績は2勝3敗1千日手となりました。

その日の夜はツイッターのフォロワーさんたちと焼肉飲みをして終わりました。

個人戦

予選1回戦(▲私‐△相手)


また中飛車かと思いながら超速。
ここで▲5六銀が敗着。
以下△4二金▲5四龍△4四金▲6五龍△5五歩で銀が取られました。
代えて▲6八角がここでは有力で、次に▲5七角△同歩成▲同龍を狙っています。
この後も駒損を防ぐ手段がなく、駒割に差がついてしまい、なすすべなく投了となりました。

予選2回戦(▲相手-△私)
鳥から千日手。
予選2回戦指し直し(▲私‐△相手)


▲1六歩以外は千日手局と同じ進行。
ちなみに、千日手局は図の局面から▲3七銀上△4二角▲5八飛△6四角▲2八飛△4二角…と進んだため千日手になりました。
同じことをやるつもりはない(というか▲3七銀上自体がミス)ので▲3七桂△5二金左▲2六飛△4二角▲5九金右△7四歩▲4五銀△同銀と進みました。


ここは▲2四歩といくところでした。
実戦は▲同桂△4四歩だったので▲2四歩からの攻めが決まりましたが、▲同桂に△2二飛なら逆にこちらが悪かったです。
あとは暴れる後手を切らして勝ち。

予選3回戦(▲私‐△相手)


超速2枚銀の進行の一つ。
後手が工夫をしているのでたぶん定跡書には載ってないかな。
実戦は▲3八飛と角成りを受けたため△4七銀から死にました。
▲2七飛の一手でしたね…
以下、後手がどこかで攻め急いでくれれば逆転の目が作れたんですが、終始丁寧に指されて負けました。



個人成績1勝2敗で予選敗退。


今大会は全体的に読みが浅く、甘い部分が目立ち結果的にそれが負けにつながってしまう対局が多かったです。
また、振り駒で後手を引いた対局しか勝っていない(千日手で手番を入れ替えても振り駒の手番で後手を引いた対局しか勝っていない。)のはまた不思議な限りです。


来年度に入ればこちらの地区の大会もありますし、また頑張っていきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント