部活の将棋(2月10日)

試験終了しました。
必修1個死にましたが、あとはまずまずの手ごたえって感じです。
部活のあと知人と酒飲んでたんで更新遅くなりました。

1局目(▲私-△相手)


後手一手損角換わりに早繰り銀で対抗しました。
3枚の攻めですが、相手の陣形がひどいので十分つながっているかと思います。
実戦は▲4三金と張り付きました。
△7一飛なら▲3二金以下詰みなので△同金と応じてきましたが、▲同成銀△4二金▲5三金と張りつき、最後は詰まない玉を詰ましに行って、やっべwってなりましたが、形勢がド大差だったので逆転には至らず。

ちなみに▲4三金には△3一銀という受けがあり、それならまだ難しかったと思います。
そのため図では▲4三金ではなく▲7二角成がよかったですね。

2局目(▲相手-△相手)


相矢倉に進み、先手が早繰り銀をしてきました。
▲3五歩から仕掛け▲2四歩△同歩と進んで先手が異常に気付きました。
はい。全部清算したあとに△3五角の王手飛車があります。
というわけで銀を撤退したところです。
王手飛車あるから2筋は安泰じゃって言って△2二玉はちょっと適当すぎでした。
▲1五銀と動かれ、あれ?って感じです。
正しくは(?)△2二銀~△2三銀や△1四歩でした。
アホです。


少し進んで、ここは後手が良いと思います。
ですが、△6五歩▲同銀△7三桂▲7四銀△6五歩はいささか疑問でした。
わざわざ相手に歩をいっぱい渡す必要はなかったですね…
ここは△7五歩▲同銀△7三角が有力だったと思います。
次の△6五歩の味が抜群なので▲7四歩などとしてくるかと思いますが、△6三馬くらいで先手は模様の取り方が難しいです。

実戦は歩を渡しすぎて怖い思いをする羽目になりましたが、入玉含みで動いて攻めを完全に切らして先手投了です。

3局目(▲私-△相手)

久々にKKSを相手にしました。
▲4七銀型を組もうと思ったら△4四歩とされて4筋交換が受かりません。
△8二玉って寄ってからだった(テヘペロ
んまぁ、なってしまったものは仕方ないので以下駒組です。


というわけで勝負手。
直接の狙いは3二の金取りですが、真の狙いは端攻めです。
間接的ではありますが4九の地点にも効いているので、将来△4九飛成としたときに▲6六歩が飛車取りになります。
実戦もその両方が実現したので、これは勝っていれば名手になりました。


陣形に差があり、駒の働きや端の関係も考えると先手が逆転し優勢になっています。
しかし、次の▲4二飛は安直すぎました。
△6二香▲6三歩△同香▲5七歩△7六龍▲同銀と進み、なんか王手飛車があります。
△5三銀▲5二飛打△4二銀▲同飛成△3三角だったので駒損は回避できましたが、いかんせんいきなり2枚飛車がいなくなったのは面白くない。
というか、次の△3九飛~△4九飛打や△3九飛~△8四桂のような攻めが痛すぎてどうしようもないです。
飛車を打つならまだ▲5二飛でしたね…
▲5七歩などと催促してる場合ではありませんでした。


その後、30秒将棋で後輩相手にうっかりでド必敗になりましたが、最後のお願いとばかりに露骨に詰めろで銀をひっかけたらスルーしてもらえたんで最後の最後で逆転勝ちしました。



明日はプラモ業の予定。艦これイベントは木曜あたりからぼちぼちやってきます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント