朝潮・初霜・伊401制作記2

さて、タイトルにありますように伊401も作っていますが、まだ記事に登場していません。

今日は講義はありませんでしたが、大学でCAD製図をやってました。
残りもあと少しだし、3時間くらいで終わるだろーと思ったら結局6時間かかってもちょっとだけ残りました。


引き続き、バラし作業が続ききます。
初霜の後部煙突の屋根(?)の部分がなくなっていたため、伸ばしランナーなどを使ってディテールアップをする準備をします。


甲板色の塗装後にようやく着手したので、写真が若干前後してます。
エッチングパーツでも使わない限りは細かく再現するのは不可能なので、伸ばしランナーではこんなもんでしょう。
これだけでもかなり雰囲気がありますね。


次発装填装置やマストなど外せるものはできるだけ外していきます。


最近、ようやくディスプレイケースに固定するということを覚えたので船底に穴をあけます。
艦底パーツをつける前にやれって話ですよね。
あとから銅線を通して固定します。


甲板の余計な穴は伸ばしランナーと流し込み接着剤を使って埋めていきます。
というか、初霜の後部主砲辺りの穴ってなんだったんだろう…
説明書にもそこに何かを取り付ける指示はありませんでした。

まぁ、アオシマの初春型の旧金型(2004年リテイク以前)はいい加減・モールドが雑・考証に間違いがあるなどいろいろな点で悪名高いから仕方ないっすね。
説明書の前側のスキッドビームもえらい場所につけるよう指示ありますし。


朝潮です。魚雷発射管を仮組したところ、干渉したので伸ばしランナーで埋めて穴の開けなおし。
かなり前側にずらさないと干渉してしまいます…


今回から溶きパテ、ラッカーパテを使ってみることにしました。
(今までは瞬間接着剤で代用)
この2つ、かなり隙間が気になったので仕方ないです。
特に初霜のアンカーリセルのあたりのヒケはひどかったです。


そして、伊401の登場です。
バラしもないのでとくに書くことはないです。
隙間を消しながら艦底パーツをとりつけ、穴をあけてナットを固定します。
瞬着でくっつけてますが、ボルト取れないといいな…


さて、ミスって先にスクリューガードをつけてしまいました。
しっかりついてしまったのでまぁ、いっかって感じでしたが正直邪魔です…
ちなみに、のちの作業中に取れました。


伊401の格納庫のドアです。
最初、バリひどいなぁと思って左側の板状の部分を除去しようとしたのですが…


穴あきました(汗
適当に埋めてごまかします。
そうか…仕方ない構造だったのか…
ちなみに実艦もああいう構造になってるみたいです。


伊401は特に難しいところもなかったのでそのまま組んでいきますが、隙間の気になるきっとという感じですかねぇ。
船体もそうなんですが、艦橋も左右別になっているので合わせ目の処理には気を使います。
何度かパテを持ってきれいにしていきます。


ここで真打登場。
艦これカラーセット。呉、佐世保、舞鶴の軍艦色とリノリウム色が付属です。リノリウム色がほしくて買った節はあります(汗
初霜が横須賀色で伊401、朝潮が佐世保色になります。


が、その前にサフを吹きます。
ところで、なんでこの写真撮ったんだろう。




上の写真だと分かりにくいですが、下の写真だとよく分かりますね。
梯子があるのでそこは塗装後にエッチングパーツに交換します。



続いて初霜の艦橋。
艦橋屋根を外したときに割れてしまった部分があったのでパテを塗って補修します。
結構適当に作ってましたね(汗
あと、方位測距義のプラパーツの残骸が残っているので除去します。


除去しました。


少しずつ作業が進んでいきます。
初霜の甲板にはモールドが何もないので伸ばしランナーでリノリウム押さえだけでも再現します。
そのため、艦橋の形でけがいていきます。
写真だと少しわかりにくいかな…
うっすら見える長方形っぽいやつがそれです。

なんでこの人はサフ吹いたあとに作業したがるんですかね…
機銃座の柵を交換するので、写真右のように切っていきます。
薄刃ニッパーほしいなぁ…
いつも売り切れてるんだよなぁ…ゴッドハンドの…
ほかの機銃座にも同じようなことをして大体の準備は完了です。


次回はそろそろ塗装です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント