部活の将棋(1月27日)

期末試験近いね!

はぁ…


1局目(▲私-△相手)


後手の4→3戦法となりました。
雰囲気はかなり手得してる感じです。
さて、歩を手持ちにすべく△5五歩と動いてきました。
以下、▲3六歩△3四飛▲6七角△5四飛▲3五歩△5六歩▲同銀△5五歩▲4七銀△5六角と進みました。
歩得となったので局面を穏やかにすべく△5六歩には▲5七歩と受けておきます。
ゆっくりした展開になれば▲1四歩△同歩▲1二歩△同香▲2一角のような楽しみもあります。


少し進んで。
△7四歩と▲1二歩の交換は先手が得をしたと思います。
さて、後手は△2四飛からの裁きを狙っています。
というわけで、それを先受けすべく▲2八飛としましたがそれでも△2四飛はあったように思います。
実戦は△2四飛ではなく△3六歩▲同銀△2四歩▲4七金と進み、安心できる恰好になりました。
ですが、変化図のようになるとちと自信がないような…


(変化図)
厳密には居飛車がいいとは思いますが、陣形もいいとは言えないので嫌といえば嫌です。
7四の歩が突いてあるので▲8六桂のような筋がありますが、前述のように△7四歩と▲1四歩の交換がなければ後手が得。
戻って▲2八飛では▲3六銀でそれまでだったのかなぁと思います。(△3七角には▲同桂△同桂成▲4五銀)

後手が勝負をする順を逃したため、私の勝ちとなりました。


2局目(▲私-△相手)


後手のウソ矢倉。
△3三銀と△3一角が早かったので急戦矢倉を選びましたが、そのあとの方針が悪かった気がします。
実戦は▲3七桂△7四歩▲7七銀△7五歩▲同歩△同角▲6六銀△8四角と進みましたが、ずーっと8四の角に悩まされるハメに…
正直、上図の時点で自信がないです。


進んで。△同飛とは取にくいだろうということでたたきましたが、強く△同飛とされてみると意外と攻め手がない。むしろ歩が少なくなるマイナスのほうが痛かったです。
▲7三歩に代えて▲7五歩や▲4五歩が勝りましたかね。
歩が足りず、攻めあぐねているうちに玉の薄さだけが残る展開になってしまい、そのまま負けました。



矢倉24手組というのがありますが、それにそれた駒組をするとどうなるのかと少し思いました。(実戦もかなり独特の駒組。)


相手の子はよくこのタイミングで銀をあがってくるのですが、△3二金▲7八金△4一玉▲7九角△5五歩▲同歩△同角で咎めれてるのかなぁ。


△4一玉が入ってないと▲5八飛で飛び上がることになるので注意です。
通常の阿久津流△5三銀右急戦とは異なり、△8四歩型でスタンバイできるのは大きいと思います。
詳しくは村山先生の5三銀右急戦本を見ていただきたいのですが、郷田五段(王位)がよく採用していた2二角型は△8六歩▲同歩△8五歩▲同歩△7三桂のような攻め方をしていましたが、8四歩型ならスムーズに△8五桂といけますしね。

まー。試験勉強がんばるぞい。
あと、プラモのほうもそのうち書いてきます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント