2年前のいなべ福王ラリーを振り返る(過去写真)

とりあえず、いなべ福王ラリー→S耐→伊丹空港くらいの順番で書いていこうかなと。ただ、今回のいなべ福王ラリー2017に行って思い出したのが2年前のいなべ福王ラリー。そういえば、まともにモータースポーツを撮ったのはアレが初めてだったかな。(大学1年生のときにコンデジで鈴鹿の公式テストとか撮ってたけど)結局、撮るだけ撮ってほとんど日の目を浴びないままHDDに放り込まれていたので供養(?)です。

P6271042.jpg
(E-PL6,Panasonic LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.)
当時の私は大学4年生。大学院入試前によく遊んでたなぁと思います。ほんと。最寄り駅が違うので今年とは違う会場だったと思います。

続きを読む

いなべ福王ラリー2017に行ってきました。最高(最悪?)の天気に恵まれました(笑)

日曜日は三重県のいなべ市と菰野町で開催された「いなべ福王ラリー」へ行ってきました。最高の悪天候のなか、非常に楽しい撮影となりました。
※いなべ福王ラリー関係者様及びスタッフオン合資会社様へ:掲載したいなべ福王ラリー関係写真は特に連絡なくご自由にお使いください。透かし無しのオリジナルデータが必要な場合は別途ご連絡ください。

ND4_6747.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F4.5,1/500sec,ISO200,200mm)
まず最初にいなべエリアのSSを観戦します。本当はその日の一番最初の福王地区SS2から観戦したかったんですが、いろいろあってSS4からの観戦になりました。(後述しますが、SS3と勘違いしてました)
場所は大安公民館の川沿いです。SSのスタート地点は橋の上で非常に絵になりますね。ゼッケン0をつける車両は「ゼロカー」と呼ばれ、SS開始前にコースに異常がないかを確認する車両になります。

続きを読む

夢の時間のおわり(鈴鹿ファン感2017

この投稿は予約投稿なので、たぶんこれが投下されるころには翌日の面接の準備をしていると思います。艦これしてるかもしれないけど。

DSC_6959.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/200,ISO100,500mm)
高橋国光(Honda RC142)
前回のファン感の記事から少し間があいてしまいましたが、前回はSupertGTのデモレースのあたりだったかなと思います。今回はその次のイベントです。またなつかしーいバイクの登場です。まずは高橋国光選手が繰るRC142です。ホンダの名がまだまだ世界では認知されていなかった1959年、マン島TTに参戦するために開発されたのがこのRC142。世界のホンダになる第一歩目がこのバイクです。

続きを読む

GT前哨戦?今年度最初の鈴鹿のGT(デモ)レース(鈴鹿ファン感2017)

履歴書書いたり出したり研究室のこといろいろやってたら年度が変わってM2になりました。この間の学生選手権のこととかも書きたいし、書きたいことがどんどとたまってきてます。でも、時間足りねぇんだよなぁ…体調悪いし。
前回更新が31日なので5日ぶりですね。もうちょいペース上げてかないと次のレースとかとかぶり始めるのでちょっとがんばりたいと思います。

DSC_6851.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/200,USI200,500mm,※微トリミング)
LEXUS LC500
先日の岡山テストのあたりではどこのチームもほとんどカラーリングが終わっていましたが、この時点ではまだまだです。このほうがテスト仕様って感じがして結構萌え要素ですけどね。

続きを読む

引き続きドリームラン。年代混走ならではの光景を見れました。(鈴鹿ファン感謝デー2017)

けものフレンズ11話…いやにシリアスな流れになってきたなぁとは思いましたが、やはりそうきたか…なんてこった。


小牧基地オープンベースの記事書きてぇなぁとか思ってたんですが、前々回の記事で複数台のバイク写したよって言った手前そうするわけにもいかないので、鈴鹿ファン感を書きます。
DSC_6736.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#4 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45(玉田誠
#4 チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW(宇川徹
このドリームランはいろんな年代のバイクが一緒に走るわけですが、思わぬ形でネタを1枚撮れました。どちらも4号車です。1つのレースで同じゼッケンのマシンが走ることはありえないわけですから、こういう企画走行ならではのカットといえますね。

続きを読む