名物ウォータスプラッシュを撮る。(いなべ福王ラリー2017

梅雨だというのに今年は雨がなんか少ないですね。と思ってたら、今朝はそれなりに強い雨が降っていたわけですが。まぁ、降ってくれないと困ります。

SS4を撮り終えたのでSS6を撮りに福王エリアへ向かいます。(SS5は非公開区間だったようです。)
ND4_7070.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,1/800sec,ISO2500,390mm,※16:9になるようにトリミング)
#24 愛豊FAITHあんこストーリア
撮影開始した段階ですでに24号車とSSの終盤。実際は20号車から撮ってたんですが、立ち位置修正したりカメラの設定を変えたりでイマイチな結果でした。今回のエントラントでは唯一のダイハツ車。多分、競技用モデルのストーリアX4かと思います。軽量ボディに小排気量ターボエンジンを組み合わせ、強さを発揮していました。
現在はブーンがストーリアの後継モデルとして発売されています。

下スカしたので16:9にトリミングしています。

※いなべ福王ラリー関係者様へ:掲載したいなべ福王ラリー関係写真は特に連絡なくご自由にお使いください。透かし無しのオリジナルデータが必要な場合は別途ご連絡ください。

続きを読む

SS4で草木の映える流し撮りにチャレンジ!(いなべ福王ラリー2017

今週末は鈴鹿の公式テストがあるので、現像ペース上げてかないとやべーやって思いながらペースアップ。〆作業までのバイトで帰宅が遅くなりましたが、がんばります。
※いなべ福王ラリー関係者様へ:掲載したいなべ福王ラリー関係写真は特に連絡なくご自由にお使いください。透かし無しのオリジナルデータが必要な場合は別途ご連絡ください。

D72_5767.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G)
いなべエリアのSSのスタート地点がこの橋になります。なかなか粋ですね。写真に写っているのはゼロカー。SS開始前にコースに異常がないかを確認する役割があります。

続きを読む

2年前のいなべ福王ラリーを振り返る(過去写真)

とりあえず、いなべ福王ラリー→S耐→伊丹空港くらいの順番で書いていこうかなと。ただ、今回のいなべ福王ラリー2017に行って思い出したのが2年前のいなべ福王ラリー。そういえば、まともにモータースポーツを撮ったのはアレが初めてだったかな。(大学1年生のときにコンデジで鈴鹿の公式テストとか撮ってたけど)結局、撮るだけ撮ってほとんど日の目を浴びないままHDDに放り込まれていたので供養(?)です。

P6271042.jpg
(E-PL6,Panasonic LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.)
当時の私は大学4年生。大学院入試前によく遊んでたなぁと思います。ほんと。最寄り駅が違うので今年とは違う会場だったと思います。

続きを読む

いなべ福王ラリー2017に行ってきました。最高(最悪?)の天気に恵まれました(笑)

日曜日は三重県のいなべ市と菰野町で開催された「いなべ福王ラリー」へ行ってきました。最高の悪天候のなか、非常に楽しい撮影となりました。
※いなべ福王ラリー関係者様及びスタッフオン合資会社様へ:掲載したいなべ福王ラリー関係写真は特に連絡なくご自由にお使いください。透かし無しのオリジナルデータが必要な場合は別途ご連絡ください。

ND4_6747.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F4.5,1/500sec,ISO200,200mm)
まず最初にいなべエリアのSSを観戦します。本当はその日の一番最初の福王地区SS2から観戦したかったんですが、いろいろあってSS4からの観戦になりました。(後述しますが、SS3と勘違いしてました)
場所は大安公民館の川沿いです。SSのスタート地点は橋の上で非常に絵になりますね。ゼッケン0をつける車両は「ゼロカー」と呼ばれ、SS開始前にコースに異常がないかを確認する車両になります。

続きを読む

夢の時間のおわり(鈴鹿ファン感2017

この投稿は予約投稿なので、たぶんこれが投下されるころには翌日の面接の準備をしていると思います。艦これしてるかもしれないけど。

DSC_6959.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/200,ISO100,500mm)
高橋国光(Honda RC142)
前回のファン感の記事から少し間があいてしまいましたが、前回はSupertGTのデモレースのあたりだったかなと思います。今回はその次のイベントです。またなつかしーいバイクの登場です。まずは高橋国光選手が繰るRC142です。ホンダの名がまだまだ世界では認知されていなかった1959年、マン島TTに参戦するために開発されたのがこのRC142。世界のホンダになる第一歩目がこのバイクです。

続きを読む