ARTAオールスターレースの予定が…&グリッドウォーク(鈴鹿ファン感謝デー)

気づけば3月も折り返しです。早いもんですねぇ。そういえば、撮影ポイントまとめを少し更新&ちょっと見やすくしたのでそちらも併せてお楽しみください。

DSC_6575.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/400,ISO125,410mm,※トリミング)
#8 ARTA NSX-GT
#55 ARTA BMW M6 GT3
前回のS耐デモレースの次はARTAのエースマシンたちによるタイムハンデレースの予定だったんですが…CR-Zが当日不調になってしまったということで急遽この2台によるタイムハンデレースに差し替えとなりました。翌日のファン感でもこの2台だたようでそれなりに深刻だったのかもしれません。

続きを読む

開会式&新撮影地であえなく撃沈。(鈴鹿ファン感謝デー2017

前回のSuperGTとS耐の混走が終わると、いよいよ開会式です。開会式は見たいなーってことでメインスタンドへ行きました。

DSC_6519.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS/400,ISO160,320mm)
先ほどまで出走していたマシンがホームストレートに並んでいました。そこではメカニックの方が忙しそうにマシンのチェックをしていました。今回参加されるドライバーさんの挨拶なども平行して行われました。ドライバーさんも撮りましたが、うまく撮れなかったので割愛です。

続きを読む

Godox TT685Nを買いました。

エントリーシートの自己PRを考えてると寝てしまいます…難しいなぁ…

先日の記事でも軽く触れていましたが、GodoxのTT685Nという外部フラッシュを買いました。フルサイズがほしい~とか大三元ほしい~とか言ってる割には細かい買い物が多く、お金がたまりません。就活の交通費もバカにならないしね…

DSC_8217.jpg
Godoxというと聞きなれないメーカーですが、最近ではケンコーがラジオスレーブ用の送信機・受信機を正規に取り扱うなど、少しずつ浸透してきているメーカーのようです。
神=God
牛=ox
でGodoxなんですねぇ。パッケージを見ていただくとわかる通り、中国の激安系フラッシュの系列です。激安といっても、アマゾンで12000円くらいですけど。アマゾンで発注後、届くまで2週間ほどかかりました。

続きを読む

朝は逆光がつらいのが東コース。(鈴鹿ファン感謝デー2017

ブログよりもエントリーシート書くべきだと思う。

引き続き、S字の入り口で撮影を続けていきます。逆光がきついとは言っても、東コースのほぼ全域がそういうわけですし、諦めて撮れるものを撮っていきます。
※S耐参加車両の車両名は2016年のもの

DSC_6378.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/160,ISO100,380mm)
#111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
今回のSuperGTとスーパー耐久の練習走行はどちらもGT3車両でのエントリーということで、GT-R以外はすべて欧州の車両になります。この111号車もそうですね。エヴァで思い出しましたが、エヴァ新幹線も撮りに行きたいですね…せっかく、延長運用も決まっていることですし。

続きを読む

年に2日の鈴鹿のお祭り!開幕はGT-300とST-Xクラスの夢の競演(鈴鹿ファン感)

鈴鹿のモータースポーツイベントの開幕を務める「鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー」(以降、鈴鹿ファン感、もしくはファン感)に行ってきました。(参加したのは3/4のみ)昨年4月の鈴鹿2&4で鈴鹿サーキットのカメラデビューを果たしてから何度も鈴鹿サーキットには足を運びましたが、もう1年経とうとしているんだなぁ…となんだか感慨深いです。

昨年はアルバイトを入れていて行くことができなかったファン感ですが、今年はアルバイトが入っていなかったので合同説明会を蹴って行ってきました。(もともとその合同説明会自体予約してなかったので問題なしですけどね。)

※スーパー耐久参戦車両の車両名は2016年のものであり、2017年の車両とは異なる場合があります

DSC_6209.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/125,ISO100,410mm)
#5 Mach MAKERS GTNET GT-R
まず最初はSuperGTのGT300クラスとスーパー耐久のST-Xクラスのテスト走行です。GT300クラスもST-XクラスもGT3の車両の参加が認められているため混走をしても同じようなペースで走ることができますが、普段は見ることができない混走なので、なかなか新鮮です。

続きを読む